礼文のホッケ

北海道の北に浮かぶ礼文島。

ここで獲れるホッケは、北海道でもトップクラスの評価を得る。

栄養たっぷりの海域で丸々と太ったホッケは、

礼文の夏秋の名物となっている。

礼文島

北海道の北部にある島。

北海道本島最北の網走市の西に浮かぶ島。

日本最北の島として有名。

島の東には利尻島もある。

高緯度で島、寒流の影響もあり、

島は高山地帯のような環境。

標高の低いところでも高山植物が生えていて、

春から夏にかけていたるところで花が咲く。

中心にある礼文岳も人気登山スポットであり、

夏場には多くの観光客でにぎわう。

名物はやっぱり海の幸。

昆布やウニ・アワビ・エビ・ホッケなど。

近場でじっくりしっかりとした漁業が行われている。

ホッケ

寒い海に生息する魚。

鮮度の落ちが早く、昔は評価されていなかった。

冷蔵技術・運搬技術の進歩のおかげで、

産地以外でも美味しい開き・干物などが食べられるようになり、

飲み屋のメニューから一気に人気の魚になった。

出回るサイズは30cmくらいのものが多い。

小さいときには回遊をして餌をとりながら大きくなり、

成魚になるにつれ海底近くで定住するようになる。

呼び名も大きさにより変化し、

アオボッケ→ローソクボッケ→ハルボッケ→ネボッケといった感じ。

ネボッケのネは海の底という意味。たぶん。

ホッケは北海道の周囲ほとんどに生息するが、

分布域などにより3つのグループ(系群)に分けられる。

津軽海峡を中心とした道南系群。

襟裳岬~根室~羅臼の道東系群。

北海道の日本海沿岸~宗谷海峡~オホーツク海沿岸の、

北部日本海オホーツク系群。

それぞれのエリアでホッケは名物となっている。

脂の乗りの良さが特徴的。独特の香りがある。

身もふっくらとしていて食べやすい。

礼文のホッケ

礼文島周辺で獲れるホッケは、

その脂の乗りと肉付きの良さから、

北海道でもトップクラスの品質とされる。

礼文島のホッケの旬は、夏から秋にかけて。

礼文島のホッケは、北部日本海オホーツク系群に含まれ、

分布エリアのちょうど真ん中にある。

付近は、寒流のリマン海流と暖流の対馬海流が交わる場所。

豊富なプランクトンが育ち、魚が育つのにもイイ環境。

しかも礼文島の周辺は、

ホッケの産卵場所にもなっている。

ホッケが美味しいのは産卵前。

夏場にたくさんの餌を食べ、晩秋の産卵に備えるホッケ。

丸々と太り、脂の乗りもピークとなる。

それを獲るのだから、旨いホッケなのは当然必然。

礼文島ならではの食べ方とされるのが、

ホッケのちゃんちゃん焼き。

サケでやるのが有名だが、ホッケも合う。

新鮮なホッケを開き、皮目を下にし、

身の上には味噌とネギを載せる。

網焼きやホットプレートで焼いていく。

身に火が通ったら、ほぐして味噌・ネギと混ぜ合わせる。

ふわふわで脂たっぷりなだけでも旨いのに、

味噌とネギでさらに御飯に合う。

南蛮(唐辛子)をかけても美味しい。

唐辛子マヨネーズなんかもいいんじゃなかろーか。

鮮度のいいものが手に入るなら、

煮付けやフライも食べておきたい。

東京や大阪などでは中々食べられない料理なので。

開きや干物に加工されることが多いが、

丸のままヌカをまぶして干す糠ホッケや

海産漬物の飯寿司も作られる。

人気と資源

たくさん獲れて安く、しかも美味しい、ということで

ホッケは人気の魚となった。

人気となったことで、それを獲る人も多くなり、

資源はかなり減少してきている。

資源維持より獲っちゃえ獲っちゃえになるのは漁業の常だが、

次の漁のためには残さないと、ある程度。

人気があるが、単価自体は低く、生息エリアも幅広い。

稚魚放流して増やしましょうが難しい魚だが、

資源量・生態の調査や漁獲量設定、産卵期の禁漁など、

ホッケ資源の安定化に向けた動きもある。

ホッケファンも多いので、これからも美味しいホッケが

食べられるよう、ホッケ漁にかかわる人たちの安定のためにも、

継続的・安定的にホッケが水揚げできることを期待しています。

外部リンク

香深漁業協同組合

漁協の紹介

船泊漁業協同組合

漁協の紹介

礼文町

自治体公式サイト

礼文島観光案内

観光情報やイベント情報など

Google検索 「礼文島 ホッケ」

関連名物

利尻昆布

料亭でも用いられる高級昆布

利尻島のウニ

おいしい昆布で育つウニ

礼文島のウニ

夏が旬 昆布を食べて身入り良し

礼文のアワビ

北の海で育ったコリコリ食感

礼文のボタンエビ

プリトロのボタンエビ

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/オホーツク・宗谷

タグ: ,