礼文のアワビ

北海道の北に浮かぶ礼文島。

名物の一つが、アワビ。

おいしい昆布に囲まれ育つアワビは、

身も締まりも抜群な超高級品。

アワビにつて

海の高級食材の一つ。

北海道から九州まで広く生息している。

巻いてるように見えないが、巻貝の一種。

その貝殻は非常に頑丈。

ハンマーで叩いてもへっちゃら。

殻にはいくつかの穴があり、

呼吸や放出・排せつなどに使われる。

殻の内側は虹色の光沢(干渉色)をもち、

ボタンや装飾品などに加工されたりもする。

一枚貝なので片想いの象徴として扱われる。

逆に、ハマグリなどの二枚貝は、

ぴったり合うので両想い。

昆布などの海藻を主に食べて育つ。

食べ物によって貝殻の色が違ったりする。

だいたい夜行性で、昼は隠れている。

成長は遅く、12cm程になるのに5年かかる。

古くから食用にされ、

高級な食材としても扱われ、現在でも同様。

乾物の干しアワビは、干ナマコ・フカヒレと並び

江戸時代には中華圏に輸出され、

現在も高値で取引される。

アワビの干物は、作り方も料理も

大変手間がかかる。

煮貝として、海産物の少ない内陸部でも

食べられ、珍重されていた。

内臓の中腸腺は、

春先に食べると食中毒を起こすこともある。

季節や色(濃緑黒色)に注意し、

詳しい人に聞いたりした方がいい。

礼文島

北海道の北部にある島。

北海道本島最北の網走市の西に浮かぶ島。

日本最北の島として有名で、

島の東には利尻島もある。

排他的経済水域の影響もあり、

島の近場での漁業に力を入れる。

昆布・ウニ・アワビ、

ホッケ・ボタンエビ・カレイなどが獲れる。

付近は暖流と寒流が交わる海域。

豊富なプランクトンが発生し、

それを食べる魚たちも良く育つ。

島の周りの昆布も海に栄養を与え、

海の生物の住処となる。

島に降った雨は川に流れ、

山の栄養を海にもたらす。

とまあ色々あって、

礼文島付近は北海道屈指の好漁場。

東京などの消費地には遠いため、

加工品の質・安全性にも力を入れている。

島の観光シーズンは春夏。

高山植物や登山などを目当てに、

多くの観光客がやってくる。

観光シーズンに旬を迎えるものも多く

観光&グルメどちらも楽しめる。

寒めなので服装には注意しよう。

礼文のアワビ

礼文島に育つアワビは、エゾアワビ。

クロアワビの北国バージョン。

殻は細長めの楕円形で、少し皺が多い。

浅めの岩礁に生息する。

アワビは、昆布をメインに食べて育つ。

そして、礼文島は高級昆布・利尻昆布

産地として有名な場所。

隣の利尻島と並び、その品質は高い。

その美味しい昆布をたっぷり食べるアワビ。

その身が美味しくなるのは当然。

礼文でのアワビ漁は、10月から12月。

北の寒い海で昆布に囲まれ、

じっくりと育った身は締まりも抜群。

冬を前に栄養を蓄える状態で、

その美味しさはピークを迎える。

時期的に、海が荒れやすく、

漁に出られる日が少なくなる。

それに伴い漁獲量も少なめ。

獲りやすいが、育ちにくいため、

アワビ稚貝の放流も行われる。

しっかりと資源を維持・管理してこそ、

安定した大きさ・質のアワビが出荷できる。

ギュッとしまった身の持ち、

コリコリと強い歯ごたえが人気。

刺身や寿司にされる。

火を通すと柔らかくなる性質を持ち、

生とは違った食感・味わいとなる。

アワビのステーキといえば、鉄板焼きの王様。

首都圏などの大消費地に出荷され、

高値で取引される。

食べてみたーい。

外部リンク

香深漁業協同組合

漁協の紹介

船泊漁業協同組合

漁協の紹介

礼文町

自治体公式サイト

礼文島観光案内

観光情報やイベント情報など

Google検索 「礼文島 あわび」

関連名物

利尻昆布

料亭でも用いられる高級昆布

利尻島のウニ

おいしい昆布で育つウニ

礼文島のウニ

夏が旬 昆布を食べて身入り良し

礼文のホッケ

秋が旬 脂の乗りに自信あり

礼文のボタンエビ

プリトロのボタンエビ

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/オホーツク・宗谷

タグ: ,