猿払のイトウ

幻とまで言われる魚、イトウ。

北海道猿払村は、豊富な自然が残され

イトウが安定して育ち、戻ってくる場所。

釣りの対象として高い人気がある。

現在地:ホーム北海道の名物水産物宗谷・オホーツク

猿払村(さるふつむら)

北海道北部にある村。

最北の地、稚内市の南東に位置。

面する海はオホーツク海。

北海道の村で面積が一番大きく、

豊富な自然が残り、漁業と酪農が盛ん。

ホタテの水揚げ量が凄まじく、

ホタテで栄える村として有名。

イトウという魚

幻の巨大魚とも呼ばれる。

サケやマスの仲間で大きさに特徴がある。

体長は普通に1mオーバーに成長。

記録としては2mを超えるものも。

生息地は日本だと北海道から東北地方北部。

国外では樺太やロシア沿海州など。

河川や森林の開発により

住むのに適した環境が失われ、数も激減。

安定的に姿を見られる所は少なくなった。

北海道内でも絶滅もしくは

絶滅危惧種に指定される地域が多い。

その生態についても、いまだ研究中。

川の上流でふ化し、

成長するにつれ中・下流へと移動。

緩やかな流れを好む。

さらに大きくなると海へ移動、

というように生活の場所を変えるらしい。

また、川だけに住むイトウもいて、

ライフサイクルなど分からない部分も多い。

とりあえずゆったりした川と

広い湿原・氾濫原が必要らしい。

人間による開発、ダムや田畑の造成などに

強い悪影響を受けるのは必至。

サケと同様に産卵のため川を遡上する。

サケの遡上は晩夏から秋にかけてだが、

イトウの産卵期は春。

雪解けとともに川を上っていき、

上流部の流れが緩めな場所に産卵する。

産卵を終えると、また川を下り、

何年かするとまた産卵にやってくる。

この点も生涯一産卵のサケと違うポイント。

成長がかなりゆっくりめ。

海でサケと一緒に網にかかってしまう。

遡上距離が長いので大変。

など、一旦個体数が減少すると、

資源回復が難しい魚。

猿払村とイトウ

猿払村はイトウが安定的に繁殖する場所。

北海道内でもほとんど姿を消す中、希有な所。

猿払川など4河川に生息。

途中で接続する複数の湖沼も

イトウの生息場所としてイイ感じ。

北海道最北部という環境から、

開発があまり進まなかったため、

もともとの豊富な自然が残されている。

河川には大きなダムもなく、

蛇行したゆったり流れが守られ、

産卵期の遡上を邪魔するものも少ない。

手つかずの上流部では、

産卵のための川底環境も保たれている。

春の訪れとともに、

4月5月には大きな体のイトウたちが

川を上り始める。

希少種のため、食用としてではなく、

釣りの対象として人気が高い。

一年を通し多くの釣り人が幻を求めて

猿払の地を訪れる。

キャッチ&リリースが基本だが、

それでも魚体には大ダメージ。

(素手持ちは火傷になり病気のもとに、など)

逃がした後に息絶えるイトウが減るよう、

釣りたい気持ちと資源のバランスを考え、

うまくやっていただきたい。

上流~中流は人を寄せ付けない環境。

ヒグマも普通に出るので注意。

釣りでいえば、猿払の海岸も

人気の釣りスポットが多い。

猿払の山川海

猿払に広く残された自然。

山や森の栄養は、川を伝って、

オホーツク海へと供給される。

陸からの栄養は海の栄養状況を高め、

プランクトンの増加に貢献。

それにより村の柱であるホタテも

大きく成長し、たくさん獲れるようになる。

ホタテが豊富に取れることで、

自然を開発する必要性も減り、

イトウも安定して住める。

という、いい感じのサイクルになっている。

外部リンク

猿払村漁業協同組合

漁協の紹介

猿払村

自治体公式サイト

猿払村観光案内

観光情報やイベント情報など

Google検索 「猿払村 イトウ」

関連名物

猿払村5年ホタテ

稚貝放流事業の賜物 5年物は一回り大きい

浜頓別のホタテ

浜頓別もホタテ産地

枝幸の毛ガニ

毛がに水揚げ日本一

枝幸のホタテ

枝幸もホタテ産地

現在地:ホーム北海道の名物水産物宗谷・オホーツク

タグ: ,