枝幸の毛ガニ

枝幸町は毛ガニの漁獲高、日本一。

オホーツク海の栄養をたっぷり摂って

身もミソもびっしりたっぷり。

資源維持で安定した水揚げを継続。

名物一覧のページ ホーム北海道の名物水産物宗谷・オホーツク

枝幸(えさし)町

北海道北部にある町。

長いオホーツク海沿岸地域の

上からだいたい4分の1くらいな位置。

面積の8割が森林を占め、

その養分は町を流れる多くの川を通し、

オホーツク海へと届けられる。

オホーツク海と山や森の栄養で育った

たくさんの水産物が獲れる。

毛ガニ・ホタテ・サケ・ナマコなどが名物。

道南にある江差町と呼び方一緒で

混同されやすいが、場所がぜんぜん違う。

毛ガニ

北海道でカニといえば、毛ガニ。

水深30m~200mほどに生息し、

ずんぐりとした体に短い脚を持つ。

脚に詰まった身と

濃厚で香り立つミソが特徴的。

しっかりじっくり食べるのに向く。

重要な水産資源として各地で漁が行われるが、

資源の枯渇も厳しく、悩みどころ。

養殖はとても難しい。

枝幸の毛ガニ

枝幸町は、毛ガニ漁獲高日本一として有名。

例年、200トンと超える毛ガニが水揚げされる。

枝幸町の面する海は、オホーツク海。

枝幸沖には毛ガニにとって

住みやすい環境が広がる。

オホーツク海は、豊かな海として知られるが、

その豊かさを支えるのが冬の流氷。

大陸の河口で作られた流氷と一緒に

植物プランクトンも運ばれてくる。

それにより動物プランクトンが増加する。

動物プランクトンを餌にする魚やカニなども

豊富に獲れるようになる、という流れ。

また、流氷の時期は漁ができないというのも

資源維持の面では大事。

枝幸の毛ガニがウマイ時期、

それが流氷明けの頃、といわれる。

流氷の下でしっかりエサを食べ、

寒い冬を乗り切った毛ガニは、

脚肉も詰まってミソも濃厚。

春の訪れを告げる味といえる。

枝幸の毛ガニ漁は、初春から夏の終わりまで。

流氷の去る3月後半くらいから漁がスタートし、

サケ漁の始まる8月ぐらいまで続けられる。

漁は海底にカニカゴを設置し、

エサでカニを誘い込む方式。

船に揚げたら選別し、

メスと小さなオスは放流。

港へと戻ったら、スピーディに出荷される。

毛ガニは成長に時間がかかる。

出荷できる目安は5年もの以上。

獲ったら減るのは当然。

人気のある水産物だけに、

放っておくと資源はすぐになくなる。

大きいのが獲れないと、

小さなものまで獲らざるを得なくなり、

そうなると水産資源はどんどん先細る。

漁業における古今東西よくある光景。

そうならないように枝幸でも

資源量を調査し、漁獲量を設定する。

規定量に達したら、その年の漁は終わり。

獲り過ぎないようにするのは大事。

資源の安定は、出荷できる毛ガニの

大きさや質の安定にもつながる。

枝幸の毛ガニは、資源が豊かだからこそ、

イイものが安定して出荷される、

というのも強みとなっている。

現状、カゴにかかったメスは全て、

オスも小さなものは放流されている。

が、水圧の違いなど、カニへの負担も大きい。

うまいこと獲りたいサイズ以上のだけ、

とかいうのは難しいのかもしれないが、

がんばって資源を維持していただきたい。

稚ガニ育成&放流とかもね。

日本食が世界に広がり、

うまい毛ガニを食べたい人も増えるだろう。

しっかりいいものを世界に出荷できるよう、

漁獲と資源維持のバランスを取りながら

有名毛ガニ産地として継続していってほしい。

イベント・キャラなど

7月に開催されるのが、枝幸かにまつり。

美味しい毛ガニが食べられるとあって

初夏の枝幸に多くの人が集まる。

やはりメインは毛ガニの特売。

毛ガニの早食い競争や毛ガニ抽選会なども。

他の水産物の直売や料理の露店も多く並び、

ショーやヨサコイ披露などもあり、

枝幸を代表するイベントとなっている。

町のキャラ、えさっしーの頭にも

毛ガニがちょこんと載っている。

外部リンク

枝幸漁業協同組合

漁協の紹介

枝幸町

自治体公式サイト

枝幸町観光協会

観光情報やイベント情報など

Google検索 「枝幸町 毛ガニ」

関連名物

猿払村5年ホタテ

稚貝放流事業の賜物 5年物は一回り大きい

猿払のイトウ

豊富な自然が巨大なイトウを育てる

浜頓別のホタテ

浜頓別もホタテ産地

枝幸のホタテ

枝幸もホタテ産地

枝幸のナマコ

高品質ナマコとして輸出される

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の水産物

北海道の水産物/オホーツク・宗谷

タグ: ,