枝幸のホタテ

北海道北部にある枝幸町。

毛ガニが有名だが、オホーツク海沿岸らしく

ホタテの水揚げ量も豊富。

海と陸の栄養をたっぷり摂ってよく育つ。

名物一覧のページ ホーム北海道の名物水産物宗谷・オホーツク

枝幸(えさし)町

北海道北部にある町。

長いオホーツク海沿岸地域の

けっこう上の方にある。

面積の8割が森林を占め、

その養分は町を流れる多くの川を通し、

オホーツク海へと届けられる。

オホーツク海と山・森の栄養で育った

たくさんの水産物が獲れる。

毛ガニ・ホタテ・サケ・ナマコなどが名物。

道南にある江差町と呼び方一緒で

混同されやすいが、場所がぜんぜん違う。

ホタテ

北海道を代表する水産物。

日本でのシェアは、北海道産がダントツ一位。

広い北海道の中でも産地はたくさんあり、

オホーツク海沿岸・噴火湾・根室海峡などが

有名なホタテの産地となっている。

ホタテ漁業には2種類ある。

「垂下式」というロープなどにホタテを

ぶら下げて海中で育てる方法と、

「地撒き式」という海底に稚貝を放流し

育つのを待って漁獲する方法。

垂下式が北海道西部・南部、

地撒き式が北部・東部で行われる。

刺身や寿司、しゃぶしゃぶ、フライ、

鍋・お吸い物、煮物など料理もいろいろ。

高タンパク低カロリーでタウリンも豊富。

生鮮での出荷や、冷凍貝柱や干し貝柱など

加工品での出荷も多い。

特産として、地元グルメに使われることも多い。

枝幸で育つホタテ

枝幸のホタテは、二つの栄養で育つ。

一つは、オホーツク海の栄養。

冬に押し寄せる流氷は、一緒に

植物プランクトンを運んできて、

動物プランクトンの増殖に貢献する。

宗谷海峡を通り、日本海からは

対馬暖流が入り込み、

海流の交差による効果もある。

そして動物プランクトンをエサとする、

魚や貝類などが良く育つ。

もうひとつが、川から海に流れ込む陸の栄養。

町の8割を占める山や森林に降った水分は、

川となり大地の栄養分を海へと運ぶ。

これもプランクトン増加に効果的。

もともとのオホーツク海の豊かさに

陸からの栄養分がプラスされた

成長しやすい環境の中で、

長い時間を過ごした枝幸のホタテは、

しっかり育って貝柱もぱんぱんな状態。

枝幸のホタテはグリコーゲンという成分も豊富。

栄養を蓄えるための成分で、

動物デンプンとも呼ばれる成分。

蓄えが多いのは、栄養状況が良い証拠。

グリコーゲンは、ホタテ特有の

甘さ・香りの元にもなっている。

それが豊富な枝幸のホタテは、

ホタテらしい味わいの濃さ・強さを持つ。

初夏の枝幸かにまつりや

秋の枝幸町よくばりフェスタなど、

町で行われるイベントにも参戦、

その存在感を十二分に発揮している。

枝幸のホタテ漁業

オホーツク海沿岸にある枝幸町。

この沿岸一帯は、凄まじい量のホタテを

毎年水揚げするホタテ産地群、

いわゆるホタテロードを形成している。

当然、枝幸町もその一員。

他のオホーツク海沿岸の産地と同様、

枝幸町でも地撒き式のホタテ漁業を行う。

広い前浜にホタテ漁場を設定し、

それを4つに区分け。年ごとに

放流エリア・育成エリア・漁獲エリアを

ぐるぐると交替していく4輪採制という方式。

養殖により一年間育てられた稚貝は、

枝幸沖の海底に放流され、

十分に成長した4年後に漁獲される。

稚貝を撒くのは春だが、その前の

流氷明けの海では漁場造成が始まる。

海底の状況確認・底質の改良、

ホタテを食べてしまうヒトデの徹底駆除、など

地道な作業が広い漁場で行われる。

将来の水揚げに大きく関わる事なので、

地味ながら手は抜けない。

漁場造成と稚貝放流の終わった後、

6月ごろから本格的なホタテ漁が始まる。

枝幸の前浜の海底は、砂の具合が細かく、

ホタテの潜りやすい感じらしい。

その隠れているホタテを獲るのが、

桁網という頑丈な袋網状のでっかい漁具。

船から海底に下ろし、砂に潜ったホタテを

掘り起こすように集めていく。

6月に始まったホタテ漁は11月頃まで続く。

約半年にわたるホタテ漁での総水揚げ量は、

2万トンから3万トンもの量になる。

(猿払村やサロマ湖はさらに上をいく)

その後、冬の流氷の期間を挟み、春には

新たな世代のホタテ漁場が作られる。

水揚げされたホタテは生鮮で出荷されるほか、

加工品にされる量も膨大。

むき身にした貝柱の冷凍品、

ボイルやスモークにしたものや

高級品の干し貝柱など、その形も様々。

加工品の生産・輸出にも積極的。

対EU向けのホタテ生産地区に指定された事や

食の安全性に対する要求の高まりなどもあり、

HACCP(ハサップ)の導入も行われている。

HACCP(ハサップ)

加工過程で問題が起きそうな箇所を把握、

重点的な管理を継続・記録していくことで、

製品の安全性を高める管理手法。

認定も大事だが、実践がもっと大事。

工程の見直しが必須なため、

結果として効率化も図られる。

高い安全性は信頼を生み、

地域ブランド力向上にもつながる。

ヨーロッパや中華圏にとどまらない

世界相手のブランドへの成長に期待。

枝幸の漁業

ホタテとサケが漁業の柱。

その割有は7割以上と、偏りがある。

割合が大きいので、価格の変動や

海底の荒れ具合による漁獲量変動などの

影響・振れ幅も大きくなってしまう。

豊漁・高値の時はいいけども、逆はきつい。

枝幸町ではほかにも、

毛ガニやナマコ、スルメイカにタコ、

カレイ類なども獲れる。

資源を把握・維持、できれば増やし、

安定した漁獲量・品質を得られるようにし、

漁業の多角化を図っていきたい。

広い枠としての枝幸ブランドが

知られるようなPR・情報発信も重要。

外部リンク

枝幸漁業協同組合

漁協の紹介

枝幸町

自治体公式サイト

枝幸町観光協会

観光情報やイベント情報など

Google検索 「枝幸町 ホタテ」

関連名物

猿払村5年ホタテ

稚貝放流事業の賜物 5年物は一回り大きい

猿払のイトウ

豊富な自然が巨大なイトウを育てる

浜頓別のホタテ

浜頓別もホタテ産地

枝幸の毛ガニ

毛がに水揚げ日本一

枝幸のナマコ

高品質ナマコとして輸出される

名物一覧のページ ホーム北海道の名物水産物宗谷・オホーツク

タグ: ,