沙留のホタテ

オホーツク海に面する興部町。

ここでもホタテ漁は盛んに行われる。

栄養たっぷりのオホーツク海で

強い潮の流れに揉まれた太い貝柱が特徴。

名物一覧のページ ホーム北海道の名物水産物宗谷・オホーツク

興部(おこっぺ)町

オホーツク海に面する町。

名前の由来はアイヌ語のオウコッペ、

川尻の合流しているところという意味らしい。

豊富な森林が残され、漁業と酪農が盛ん。

ホタテ、サケ、毛ガニ、牛乳などが名物。

興部町とホタテ

オホーツク海沿岸といえばホタテの名産地。

北の稚内から東の網走に至る一帯で

毎年凄まじい量のホタテが水揚げされる。

ホタテロードとも呼ばれる。

興部町もホタテロードの一員であり、

年間1万~2万トンほどの水揚げがある。

オホーツク海は冬の流氷による

プランクトン増殖効果に加え、

森林からの栄養も豊富に流れ込み、

世界でも屈指の豊かな漁場となっている。

沙留(さるる)漁協でも、

ホタテは地撒き方式で育てられる。

天敵のホタテ駆除や海底環境を整えるなどの

漁場整備を行った海域に、

一年養殖されたホタテの稚貝を放流。

栄養たっぷりの海でゆっくりじっくり育つ。

出荷されるのは4年物。

興部沖合は、流れも強いため、

貝柱は太くなるのが特徴。

興部でのホタテ漁は、春から秋までと

長い期間行われる。

興部町では、町民に無料配布されることもある。

生で刺身やお寿司に、

さっと火を通すしゃぶしゃぶ、

しっかり火を通す鍋物や煮物・フライ、など

その食べ方は多種多様。

和洋中を問わず活躍できる。

出汁の味わいが強いのも特徴的。

漁場と資源を大事にし、

品質や安全性にこだわり、

情報発信も大事にしつつ、がんばです。

地元グルメの開発などにも期待。

興部町の漁業

オホーツク海沿岸らしく、主な水産物は

ホタテ、サケ、毛ガニ、スルメイカなど。

育て増やす漁業に力を入れている。

ウニや昆布などの海岸近くの資源を

流氷から守るための防氷堤を

世界で初めて設置するなどしている。

海の元気には、森林の元気が不可欠。

ということで、森林の維持管理などの

活動も積極的に行っている。

外部リンク

沙留漁業協同組合

漁協の紹介

興部町

自治体公式サイト

興部町観光協会

観光情報やイベント情報など

Google検索 「興部町 ホタテ」

関連名物

雄武のサケ 雄宝とメジカ

たくさんのサケが獲れ、ブランド化も行う

雄武の毛ガニ

オホーツク育ちの毛ガニ 春にイベント

沙留の毛ガニ

オホーツク育ちの毛ガニ 有名

名物一覧のページ ホーム北海道の名物水産物宗谷・オホーツク

タグ: ,