紋別のホタテ

オホーツク海に面する紋別市。

付近一帯で名産地となっているのがホタテ。

紋別でもホタテは特産・名物であり、

地元グルメにも採用されている。

名物一覧のページ ホーム北海道の名物水産物宗谷・オホーツク

紋別(もんべつ)市

オホーツク海に面する町。

名前の由来はアイヌ語のモベツ。

静かな川という意味らしい。

日高にある旧・門別町と由来が一緒。

オホーツク海沿岸地域の真ん中に位置。

天然の良港を持ち、水産業が盛ん。

酪農や畑作も行われている。

観光にも力を入れ、海岸沿いに

オホーツク紋別空港もある。

海岸近くを除き、大部分が森林。

市の北部へ流れる渚滑(しょこつ)川を始め、

多くの川が流れている。

川に沿って牧場が点在している。

市の東部には、コムケ湖などの

海跡湖の連なるエリアがある。

紋別市の漁業

昔は遠洋漁業で栄えた。

200カイリ制限やコストアップなどにより、

近場での漁業にシフトしている。

それに伴い、獲るだけの漁業から

育て増やし獲る漁業へスタイルも変化。

紋別では、水産物の安全性にもこだわる。

海水の濾過・滅菌・冷却設備、

滅菌海水による活魚水槽、

荷捌き室の清潔な管理、などを導入。

鮮度保持と衛生管理を重視し、

安全面にも強い環境づくりを行う。

各加工工場などでもHACCP(ハサップ)を

導入し、安全管理を強化。

安全は信頼につながり、評価される時代。

油断せず、継続することも大事。

主な水産物は、ホタテ・スケトウダラ・ホッケ・

サケ・カレイ類・スルメイカ・毛ガニなど、

種類豊富に水揚げされる。

紋別市とホタテ漁業

オホーツク海沿岸といえば、ホタテ。

稚内から網走に至る長大なエリアで

凄まじい量のホタテが水揚げされ、

ホタテロードとも呼ばれる。

オホーツクの真ん中に位置する紋別市も

ホタテロードの一員。

ホタテ水揚げトップの座には届かないものの、

年間で3万から4万トンもの水揚げがあり、

十分にトップクラスの出荷量となっている。

育てる漁業に転換した現在、

ホタテ漁は紋別漁業の柱となっている。

紋別でもホタテは地撒きで育てる。

漁場を区分けし、ホタテの稚貝を放流。

ヒトデ駆除や育成状況の確認をしながら

しっかりと見守っていく。

4年物に成長したら、桁網という

頑丈な袋網のような漁具で

海底のホタテをすくい取るように漁獲。

栄養たっぷりの紋別前浜で育ったホタテは、

波に揉まれて太く成長した貝柱が自慢。

水産加工場も数多くあり、

貝柱の冷凍むき身や干し貝柱など

たくさんの加工品が作られている。

紋別名物のかまぼこと組み合わせた

「ホタテかまぼこ」もある。

ホタテをぎゅっと圧縮して成型した

「ホタテガリンコステーキ」というのもある。

解凍してステーキやフライなどにして食べる。

普通のホタテとは違った重厚な味わい。

食べてみよう

生で刺身やお寿司、カルパッチョ。

とろっとした舌触りとしっかりした歯ごたえ。

火を通し、フライやステーキ。

貝柱の繊維感も甘みも強くなる。

鍋やお吸い物、煮物など。

ホタテから出る強い出汁も味わえる。

干し貝柱を使えば、元から強い出汁が

凝縮され、すんごいことに。

少量でもその存在感は強い。

色々な料理で主役を張れるホタテ。

オリジナルレシピを考えるのも良し。

紋別市の地元グルメにも使われる。

「オホーツク紋別ホワイトカレー」は

2007年に誕生した地元グルメ。

オホーツク紋別産のホタテと

オホーツク産の牛乳を使用するカレー。

外部リンク

紋別漁業協同組合

漁協の紹介

紋別市

自治体公式サイト

紋別市観光協会

観光情報やイベント情報など

Google検索 「紋別市 ホタテ」

関連名物

紋別のスケトウダラ

かまぼこなどの加工も行う

紋別のサケ・マス

放流もしっかり 安定した水揚げ量

紋別のホッケ

脂たっぷり秋の味

紋別のカレイ

カレイ釣りも人気

紋別のカニ・エビ

毛ガニを中心に色々

名物一覧のページ ホーム北海道の名物水産物宗谷・オホーツク

タグ: ,