紋別のスケトウダラ

オホーツク海に面する紋別市は漁業の町。

近場での漁業主体へと転換した今も

スケトウダラの名産地で、

かまぼこなどの加工品が多く作られている。

名物一覧のページ ホーム北海道の名物水産物宗谷・オホーツク

紋別(もんべつ)市

オホーツク海に面する町。

名前の由来はアイヌ語のモベツ。

静かな川という意味らしい。

日高にある旧・門別町と由来が一緒。

オホーツク海沿岸地域の真ん中に位置。

天然の良港を持ち、水産業が盛ん。

酪農や畑作も行われている。

観光にも力を入れ、海岸沿いに

オホーツク紋別空港もある。

海岸近くを除き、大部分が森林。

市の北部へ流れる渚滑(しょこつ)川を始め、

多くの川が流れている。

川に沿って牧場が点在している。

市の東部には、コムケ湖などの

海跡湖の連なるエリアがある。

紋別市の漁業

昔は遠洋漁業で栄えた。

200カイリ制限やコストアップなどにより、

近場での漁業にシフトしている。

それに伴い、獲るだけの漁業から

育て増やし獲る漁業へスタイルも変化。

紋別では、水産物の安全性にもこだわる。

海水の濾過・滅菌・冷却設備、

滅菌海水による活魚水槽、

荷捌き室の清潔な管理、などを導入。

鮮度保持と衛生管理を重視し、

安全面にも強い環境づくりを行う。

各加工工場などでもHACCP(ハサップ)を

導入し、安全管理を強化。

安全は信頼につながり、評価される時代。

油断せず、継続することも大事。

主な水産物は、ホタテ・スケトウダラ・ホッケ・

サケ・カレイ類・スルメイカ・毛ガニなど、

種類豊富に水揚げされる。

紋別とスケトウダラ

遠洋漁業、沖合漁業で栄えた紋別。

大型漁船が数多く紋別を出港、

大量のスケトウダラを抱えて帰ってきていた。

1970年代後半からの200海里制限などにより

一気に大型船は姿を消し、

町の大きな加工場も撤退した。

しかし現在でも紋別では、

年間1万~2万トンもの水揚げがある。

スケトウダラは鮮度が落ちやすい魚。

水揚げ港での加工の技術・処理能力が

その品質を大きく左右する。

スケトウダラ加工の技術は

紋別で今もしっかりと残っていて、

加工工場もなお多く存在する。

スケトウダラに限らず、

ホタテやホッケ、サケなど

加工の必要な魚が多く獲れる紋別。

しっかりと加工ができる地盤があるというのは、

オホーツク沿岸を代表する水産の町として

今も存在感を発揮する一因となっている。

水揚げされるたくさんのスケトウダラ。

その大部分はすり身などの加工品にされ、

魚肉練り製品の原料として重要な存在。

色々な加工品のベースとなり活躍する。

そしてその産地の新鮮なすり身を使った

「かまぼこ」は、紋別の名物になっている。

いくつものかまぼこ店があり、

定番の板に乗ったかまぼこから、

名産のホタテが丸ごと入ったものや、

エビやサケを載せたものなど、

珍味かまぼこも多数。

家庭で揚げるタイプもある。

揚げたてのかまぼこが

店頭で食べられるという店も多い。

見た目にも珍しいものが多いので、

紋別に行った際には、お土産にどうぞ。

新鮮なスケトウダラは、

フライにしたり、鍋物にしても旨い。

卵はタラコや辛子明太子、

とろける白子は酢の物や鍋に。

こちらも定番。やっぱり美味しい。

外部リンク

紋別漁業協同組合

漁協の紹介

紋別市

自治体公式サイト

紋別市観光協会

観光情報やイベント情報など

Google検索 「紋別市 スケトウダラ」

関連名物

紋別のホタテ

大粒に育った4年貝

紋別のサケ・マス

放流もしっかり 安定した水揚げ量

紋別のホッケ

脂たっぷり秋の味

紋別のカレイ

カレイ釣りも人気

紋別のカニ・エビ

毛ガニを中心に色々

名物一覧のページ ホーム北海道の名物水産物宗谷・オホーツク

タグ: ,