紋別のカニ・エビ

オホーツク海に面する紋別市。

豊富な水産物が水揚げされる。

毛ガニなどのカニ類やトヤマエビなど、

人気の高級食材も安定し水揚げされる。

名物一覧のページ ホーム北海道の名物水産物宗谷・オホーツク

紋別(もんべつ)市

オホーツク海に面する町。

名前の由来はアイヌ語のモベツ。

静かな川という意味らしい。

日高にある旧・門別町と由来が一緒。

オホーツク海沿岸地域の真ん中に位置。

天然の良港を持ち、水産業が盛ん。

酪農や畑作も行われている。

観光にも力を入れ、海岸沿いに

オホーツク紋別空港もある。

海岸近くを除き、大部分が森林。

市の北部へ流れる渚滑(しょこつ)川を始め、

多くの川が流れている。

川に沿って牧場が点在している。

市の東部には、コムケ湖などの

海跡湖の連なるエリアがある。

紋別市の漁業

昔は遠洋漁業で栄えた。

200カイリ制限やコストアップなどにより、

近場での漁業にシフトしている。

それに伴い、獲るだけの漁業から

育て増やし獲る漁業へスタイルも変化。

紋別では、水産物の安全性にもこだわる。

海水の濾過・滅菌・冷却設備、

滅菌海水による活魚水槽、

荷捌き室の清潔な管理、などを導入。

鮮度保持と衛生管理を重視し、

安全面にも強い環境づくりを行う。

各加工工場などでもHACCP(ハサップ)を

導入し、安全管理を強化。

安全は信頼につながり、評価される時代。

油断せず、継続することも大事。

主な水産物は、ホタテ・スケトウダラ・ホッケ・

サケ・カレイ類・スルメイカ・毛ガニなど、

種類豊富に水揚げされる。

紋別のカニ

オホーツク海はカニの名産として有名。

特に毛ガニは安定した水揚げがあり、

水揚高日本一クラスがゴロゴロ。

紋別でのカニ漁も毛ガニが中心。

カニカゴで漁獲される毛ガニは、

毎年70~90トンほどもある。

栄養たっぷりのオホーツク海で、

じっくり育った旨い毛ガニが獲れる。

オホーツクでの毛ガニ漁は、

だいたい4月~8月ごろ。

規定量を獲ったら終漁となる。

毛ガニ漁は、流氷が去ったらすぐ本番。

この時期の毛ガニは冬の流氷の下で、

豊富なエサをたっぷり食べ、

堅ガニと呼ばれる身の詰まった状態となる。

オホーツクの毛ガニの旬は、

春と呼ばれる所以がこの堅ガニ。

初夏の休漁を挟み、毛ガニは

脱皮をしたあとの若カニと呼ばれるものが

主体となってくる。

脱皮後のため、身入りはそれほどでもないが、

身も甘みは強く、殻も柔らかく食べやすい。

値段もお安めになるので、

食べるならコチラもオススメ。

他にも、有名なタラバガニや

ズワイガニなども水揚げされる。

こちらは、北海道近海では

希少になってしまった存在。

年による変動はあるものの、

なかなかの水揚げ量がある。

漁期は4月から12月頃までと少し長め。、

人気も高く重要な水産資源であるカニ。

総じて言えることは、成長に時間がかかること。

自然に増える割合も高くない。

資源としての再生産力が低いため、

一度減ってしまうと回復はとても難しい。

養殖などは難しいため、

資源調査による漁獲量制限や

サイズ制限などによる、

獲り過ぎ防止も重要でござます。

まだある程度資源量のあるオホーツク。

安定した資源と漁獲の維持に期待。

紋別のエビ

北海道でボタンエビと呼ばれるのが、

トヤマエビというエビ。

日本海側でたくさん水揚げされる。

ボタンエビという種は別にいるので、

そちらは本ボタンエビと呼ばれたりする。

トヤマエビの方が、赤みが強く、

ボタンエビらしいっちゃらしい。

紋別で獲れるエビは、このボタンエビ。

毎年30~50トンと安定した水揚げがある。

大きいもので20cmほどになる。

新鮮なものを刺身でいきたい。

とろける食感、強い甘さと旨み。

ミソも一緒に。

さっとしゃぶしゃぶにしても旨い。

塩焼きにしたり、レンジでチンしても美味しい。

外部リンク

紋別漁業協同組合

漁協の紹介

紋別市

自治体公式サイト

紋別市観光協会

観光情報やイベント情報など

Google検索 「紋別市 カニ エビ」

関連名物

紋別のホタテ

大粒に育った4年貝

紋別のスケトウダラ

かまぼこなどの加工も行う

紋別のサケ・マス

放流もしっかり 安定した水揚げ量

紋別のホッケ

脂たっぷり秋の味

紋別のカレイ

カレイ釣りも人気

名物一覧のページ ホーム北海道の名物水産物宗谷・オホーツク

タグ: ,