サロマ湖の牡蠣

北海道北東部の汽水湖、サロマ湖。

ホタテの一大産地として有名な場所だが、

湖内では牡蠣の養殖も行われ、

冬のサロマ湖グルメとして有名な存在。

名物一覧のページ ホーム北海道の名物水産物宗谷・オホーツク

サロマ湖

北海道の北東部、

オホーツク海沿岸にある汽水湖。

湖として北海道で一位、

日本国内でも琵琶湖・霞ヶ浦に次ぐ3位。

汽水湖としては、日本一の大きさを誇る。

横長で広い湖のため、三市町にまたがる。

湧別町、佐呂間町、北見市常呂の三つ。

汽水湖は、海と接する湖のことで、

栄養豊富で穏やかな環境であることから

海の生き物もたくさん繁殖する。

サロマ湖とオホーツク海を隔てる砂嘴、

その長さは25kmにもなる。

砂嘴上には、ワッカ原生花園を始め、

魚付林や原生林など豊富な自然が残る。

湖と海をつなぐ水の出入り口が湖口。

サロマ湖の砂嘴には、二つの

永久湖口が設置され、常に海と接する。

このため、湖内の塩分濃度は、

ほぼ海と一緒。

流入河川や山林なども含めた

広範囲な環境維持活動も行われ、

水質の悪化防止が図られている。

有名なホタテが漁獲高の大部分を占めるが、

ほかにも色々な海の幸が獲れる。

サロマ湖と牡蠣

サロマ湖は、昔から水産物が豊富で、

周囲には古くから集落ができていた。

代表的なものが、天然の牡蠣。

貝塚もできるほど安定して獲れていた。

サロマ湖は自然にできた汽水湖で、

その湖口は季節で開閉していた。

湖の沿岸部は氾濫しやすく、

水害の危険性も高かった。

その頃の湖口は東の端にあり、

西側・南側では、新たな湖口の開削を

求める声も強かった。

水位変動解消や氾濫予防に加え、

外海に出るにも遠回りだったというのもある。

昭和4年に行った砂嘴の西側での開削が

天候の力も借りて成功したことで、

永久湖口(第一湖口)ができた。

これにより、外海との往来が楽になり、

水位は安定するようになった。

海からの魚の流入も見られるようになる。

しかし、ほぼ海となったサロマ湖は

水温も水位も下がってしまったため、

天然牡蠣が繁殖できなくなり、

牡蠣漁業は壊滅。

永久湖口の開削は、

サロマ湖漁業の大きな転換点となった。

自然繁殖は行われなくなったが、

直後から稚貝を外部から購入し、

養殖するようになった。

変動が大きく安定は難しかったが、

現在でも牡蠣養殖が行われている。

サロマ湖での牡蠣生産復活を

調査していく中で、変化した環境は

ホタテに向くことがわかり、方向転換。

サロマ湖はホタテの一大産地として

急成長していき、今に至る。

カキ養殖と漁

現在のサロマ湖は、その湖面の

大きな割合をホタテ養殖が占めている。

カキ養殖が行われるのは、

横長な湖の東と西の端っこ。

養殖方法は、稚貝を購入してきて、

ロープにぶら下げ、まず沖合で育て、

冬が来る前に湖へと移動させる。

その養殖期間は一年もしくは二年。

漁期は、ホタテ漁も終わる11月頃から。

湖面が結氷する2月頃が最盛期となり、

3月中旬頃まで続けられる。

養殖場所の上で厚い氷を割り、

牡蠣の付いたロープを引き上げる。

寒い中の作業は非常~にキツイ。

サロマ湖は、オホーツク海の栄養と

山々からの栄養が混ざり合う場所。

その成長しやすい環境の中

牡蠣は大きく育ち、牡蠣同士が結合。

海藻なども付くので、まるで岩のような塊。

引き上げられた牡蠣の塊は、

作業所に持っていってバラしを行う。

機械化されていて、ローラーで挟み、

一個一個に牡蠣は分けられる。

手作業じゃ心が折れる。

バラされた牡蠣には色々付着しているので

水で一気に洗い流す。

その後、殺菌洗浄した殻付きの状態や

殻から外したむき身の状態にされ、

牡蠣好きのもとへと出荷される。

一年ものは小ぶりで若い感じ、

二年ものは充実の成長を感じられる大きさ。

どちらも栄養たっぷりの中、じっくりと育つ。

冬の寒さで身も締まった

プリプリの牡蠣が楽しめる。

サロマ湖全体で300トンほどの水揚げで、

凄まじい水揚量のホタテには全く及ばないが、

サロマ湖の冬グルメとして人気が高い。

北海道では厚岸と並んで有名な産地。

現在は、外部から稚貝を購入して

育てるというスタイルだが、

元々は自然繁殖できていたサロマ湖。

再び産卵から出荷までの一貫生産が

出来るように、調査研究も行われている。

サロマ湖周辺の漁業

サロマ湖内外で漁業が盛ん。

ホタテ ダントツの水揚げ量

サケ 放流もしっかり行い秋の名物

牡蠣 冬の名物

ホッカイシマエビ 夏の名物

毛ガニ 春から獲れる けっこう獲れる

カレイ 地味ながらオホーツク名物

ホッケ 春と秋 うまい

外部リンク

湧別漁業協同組合

漁協の紹介

佐呂間漁業協同組合

漁協の紹介

常呂漁業協同組合

漁協の紹介

サロマ湖養殖漁業協同組合

3漁協共同で設立した漁協

湧別町

自治体公式サイト

湧別町観光協会

観光情報やイベント情報など

佐呂間町

自治体公式サイト

佐呂間町の観光情報

観光関連のページ

北見市

自治体公式サイト

常呂町観光協会(北見市)

観光情報やイベント情報など

北見観光協会

観光情報やイベント情報など

Google検索 「サロマ湖 牡蠣」

関連名物

サロマ湖のホタテ

湖内養殖と外海放流の両立 一大産地

サロマ湖のホッカイシマエビ

夏が旬のプリプリエビ 鮮度と加工が命

名物一覧のページ ホーム北海道の名物水産物宗谷・オホーツク

タグ: , , ,