サロマ湖のホッカイシマエビ

北海道一の湖、ホタテが有名なサロマ湖。

湖内には豊富な海草の藻場があり、

そこで獲れるホッカイシマエビは、

夏限定の名物グルメとなっている。

名物一覧のページ ホーム北海道の名物水産物宗谷・オホーツク

サロマ湖

北海道の北東部、

オホーツク海沿岸にある汽水湖。

湖として北海道で一位の大きさ。

日本国内でも琵琶湖・霞ヶ浦に次ぐ3位。

汽水湖としては、日本一の大きさを誇る。

横長で広い湖のため、

湧別町、佐呂間町、北見市常呂の

汽水湖は、海と接する湖のことで、

栄養豊富で穏やかな環境であることから

海の生き物もたくさん繁殖する。

サロマ湖とオホーツク海を隔てる砂嘴、

その長さは25kmにもなる。

砂嘴上には、ワッカ原生花園を始め、

魚付林や原生林など豊富な自然が残る。

湖と海をつなぐ水の出入り口が湖口。

サロマ湖の砂嘴には、二つの

永久湖口が設置され、常に海と接する。

このため、湖内の塩分濃度は、

ほぼ海と一緒。

流入河川や山林なども含めた

広範囲な環境維持活動も行われ、

水質の悪化防止が図られている。

有名なホタテが漁獲高の大部分を占めるが、

ほかにも色々な海の幸が獲れる。

海草と藻場

海草とは浅めの海に生える草で、

内湾や汽水湖など

波の穏やかな場所に多く生息する。

草なので花が咲き、種で繁殖する。

見た感じ、細長い普通の草。

アマモやコアマモなどが代表種。

昆布などの海藻とは違うが、

読み方一緒で混同されやすい。

藻場というのは、

海草がたくさん集まり形成する群落。

海藻の集まりも藻場と呼ぶ。

海草の藻場は、

多くの海の生き物の住処となる。

波の影響を弱め、海中に酸素や

各種栄養分を供給。

それ自体も餌となり、枯れたものは

微生物の増殖を助ける。

微生物を食べる小動物が増え、

生い茂る海草は隠れ家にもなる。

その小動物を目当てに

大中の生き物も集まってくる、という

食物連鎖の土台となる存在。

水質を浄化する作用も持つ。

山林や沿岸の開発により、

自然な藻場はかなりのスピードで

減ってきていて、水産業への影響が

心配されている。

ホッカイシマエビ

正式にはホッカイエビ。

ホッカイシマエビの呼び名の方が有名。

体長は10cm前後。

生きているときは黄緑っぽい体色に、

緑色のラインが入っている。

少し太めなバディで、殻がちょっと堅め。

浅瀬にある藻場を生活の中心とする。

その緑っぽい体色は、

海草の中に紛れるのに丁度いい。

藻場の中での繁殖に適応したため、

大きめの卵で繁殖し、卵の数も少ない。

そのため、生息域を広げる力や

数を増やす力は弱め。

食用のエビとして珍重される。

生息エリアが藻場に限定され、

その藻場も縮小・消滅してしまい、

さらに繁殖力が弱いため

資源回復もしづらく、量は獲れない。

なので高嶺の花な存在。

北海道内でも何箇所か産地があり、

野付湾のホッカイシマエビ

独特の打瀬舟漁と合わせ、かなり有名。

もう一つ有名な産地が、サロマ湖。

サロマ湖のホッカイシマエビ

広く浅めなサロマ湖にも

岸に近いところを中心に藻場が発達。

穏やかな汽水湖でゆったりと茂り、

その中にホッカイシマエビが生息する。

サロマ湖でのホッカイシマエビ漁は

エビカゴを仕掛けるもの。

藻場に網で出来たカゴを設置し、

エサでホッカイエビを誘って漁獲する。

ある程度以下のものは

出られるようになっているので、

資源維持にも幾分役立つ。

サロマ湖でもホッカイシマエビは貴重。

その資源量を調査し、漁獲量を設定。

獲り過ぎないように注意している。

漁期はだいたい7月の一ヶ月間。

サロマ湖全体で100トン程が水揚げされる。

サロマ湖に広がる藻場は

エビなどの生息地として重要なだけでなく、

水質の浄化や栄養供給の面でも重要。

サロマ湖は水質が悪化してしまうと

その巨大さもあり回復には時間がかかる。

藻場の存在により、ある程度は

藻場の浄化力が相殺してくれる。

それに頼ってもダメなので、

流入河川や湖内などの環境維持を継続し、

組み合わせていくことが大事。

流入河川や海からの栄養とともに

藻場からの栄養もまた、

サロマ湖の豊富な水産物を支える。

これも山林維持などによって良い水が

流入することを維持するのと一緒が大事。

いざ失われたあとに、人の手で

藻場を増やすというのは難しい。

ホッカイエビのためだけでなく、

湖全体のためにも、藻場の維持・保護を

がんばっていただきたい。

食べる&イベント

漁獲したら畜養施設で落ち着かせ、

出荷の前に一気に釜ゆで。

鮮度が落ちやすく、火を通した方が

美味しいので、茹でてからの出荷がメイン。

もとは黄緑っぽい体が、

茹でればエビらしい濃いオレンジ色に。

その茹で方・塩加減も漁師の

経験と勘がものをいう。

食べ方はシンプルに茹でたてをぱくり。

エビらしい強い甘さと香りが口に広がり、

ぷりっぷりの歯ごたえも楽しめる。

フライにしても美味しい。

おつまみとしても最適な手軽さ。

食べやすいサイズなので、どんどん進む。

甘えびと合わせたカツを挟んだ

ホッカイシマエビバーガーも

道の駅で販売される。

サロマ湖まで行けば

楽しめるかもしれない。

初夏のサロマ湖を代表する名物として、

観光シーズンの目玉グルメとなっている。

漁は期間限定だが、技術向上により

冷凍品として年中出荷可能。

ホッカイシマエビ漁も終盤の

7月末ごろに開催されるのが、湧別町の

湧別サロマ湖龍宮えびホタテまつり。

二大名物のホタテとホッカイシマエビが

堪能できるお祭りとあって大賑わい。

えびの早食い競争などイベントもある。

サロマ湖周辺の漁業

サロマ湖内外で漁業が盛ん。

ホタテ ダントツの水揚げ量

サケ 放流もしっかり行い秋の名物

牡蠣 冬の名物

ホッカイシマエビ 夏の名物

毛ガニ 春から獲れる けっこう獲れる

カレイ 地味ながらオホーツク名物

ホッケ 春と秋 うまい

ほかにニシンやコマイ、ツブ貝など

外部リンク

湧別漁業協同組合

漁協の紹介

佐呂間漁業協同組合

漁協の紹介

常呂漁業協同組合

漁協の紹介

サロマ湖養殖漁業協同組合

3漁協共同で設立した漁協

湧別町

自治体公式サイト

湧別町観光協会

観光情報やイベント情報など

佐呂間町

自治体公式サイト

佐呂間町の観光情報

観光関連のページ

北見市

自治体公式サイト

常呂町観光協会(北見市)

観光情報やイベント情報など

北見観光協会

観光情報やイベント情報など

Google検索 「サロマ湖 北海しまえび」

関連名物

サロマ湖のホタテ

湖内養殖と外海放流の両立 一大産地

サロマ湖の牡蠣

サロマのおいしい牡蠣 イベントも行われる

名物一覧のページ ホーム北海道の名物水産物宗谷・オホーツク

タグ: , , ,