釣きんき

北海道には旨い魚が豊富にある。

中でも人気なのが、キンキ(メンメ)。

真っ赤な体の深海魚で、脂乗り抜群。

網走では釣り上げることで

高い鮮度のキンキを出荷している。

名物一覧のページ ホーム北海道の名物水産物宗谷・オホーツク

オホーツク海

広い太平洋の北西部にある海。

ロシアの東部、日本の北部。

北海道といえばオホーツク!

カラフト・北海道・千島列島・

カムチャツカ半島などに囲まれ、

実はかなりデカイ。

北部のロシア沿岸の海底は浅く広く、

南部は一気に深くなる。

流氷のもたらす豊富なプランクトンにより、

世界有数の好漁場と呼ばれる。

運ばれた植物プランクトンが増殖→

動物プランクトンが増殖→

エサが豊富で魚が増える、という流れ。

色々な海の幸が獲れるところで、

日本だとホタテやサケ、毛ガニなどが有名。

キンキ(メンメ)

標準和名はキチジ(喜知次)。

カサゴの仲間で、深海に住む。

北海道ではキンキやメンメとも呼ぶ。

大きさは、30cmほどになる。

胸ビレ・顔・目が大きい。

鮮やかな赤い体色が特徴的。

鮮度が良いほど赤く、

鮮度低下とともにオレンジ色から

黄色へと変化していく。

鮮度落ちが早いため、

冷蔵技術の進歩前は

あまりいい扱いはされなかった。

冷蔵技術や運搬技術が向上、

食の好みの変化もあり、

高級魚として扱われるようになった。

その身は美味で脂のり良し。

様々な料理で活躍できる。

北海道周辺では、

東部から南東部にかけて水揚げされる。

トロール網や底刺し網などでの漁が主。

見事な赤さから、北海道では

縁起物としても扱われる魚。

本州におけるマダイのポジション。

同じく赤い魚、キンメダイとは、

全然違うので注意。

網走の釣キンキ

網走でもキンキは獲れる。

他では網を使った漁が行われるが、

網走では延縄漁で漁獲する。

たくさんの釣針を流し、釣り上げる方法。

そしてその漁の方法、キチジ延縄漁が

許可されるのは、網走漁協だけ。

釣り上げるので、網で捕えるのに比べ、

魚体に傷が付きにくく、鮮度が高い。

鮮度落ちの早いキンキにとって

水揚げ時の鮮度の差は大きい。

操業する漁船も少なく、

水揚げ量も多くはないが、

その味の良さから十分に

網走名物の高級ブランドとなっている。

ちなみに、「釣きんき」は

網走漁協の商標として登録もされている。

釣キンキを食べる

旬は秋から冬にかけて。流氷が来るまで。

脂がよく乗った白身魚で、

上品でクセが無く、

身は食べやすく、小骨も少ない。

大きさ的にも調理しやすい。

キンキの持つ旨さをシンプルに味わうなら、

「湯煮(湯炊)」と呼ばれる料理方法。

ヒレやウロコ、内臓を取り下ごしらえ。

さっと塩をなじませ、

お酒を入れたお湯を用意。

多少昆布で出汁を取っても良い。

そのお湯にキンキを投入。

煮立たないように弱火で短時間煮る。

身がほぐれる手前ぐらいが目安。

火が通ったら、皿に取り出し完成。

生醤油やポン酢醤油、ソースなどを

付けてシンプルに食べる。

あふれる脂、ほぐれる身。

おしゃれ感はさっぱり無いが、

本当に旨い魚だからこそできる料理。

煮たお湯には出汁が出ているので、

他の料理に使える。

やはりなんといっても、煮付けが旨い。

その旨さ・出汁とケンカしないように、

さっぱりとした味付けで。

これまた美味しい煮汁となるので、

野菜の煮物などに使うと良い。

釣キンキの鮮度の良さを活かすなら、

皮付きのままさっと湯引きし、お刺身に。

脂のほのかな甘みが口に広がる。

しゃぶしゃぶにしてもグッド。

他にも色々な料理方法が可能。

鍋物にして身も出汁も堪能。

焼き魚、干物も旨い。

粕漬けや飯寿司にしたりもする。

洋風煮付け、アクアパッツァも抜群。

トマト、オリーブオイル、

ニンニクとの相性も良い。

ムニエルにしても美味。

そうそう手に入るものではないが、

色々な食べ方を楽しんでいただきたい。

外部リンク

網走漁業協同組合

漁協の紹介

網走市

自治体公式サイト

網走市観光協会

観光情報やイベント情報など

Google検索 「網走 釣りキンキ」

関連名物

オホーツクサーモン

夏の名物 ちゃんちゃん焼きがオススメ

アブラガニ

タラバに似てるが違うんです

能取湖のホタテ

ホタテの稚貝育成に強い

濤沸湖のニシン

湖沼性のニシンが獲れる

至宝牡蠣

藻琴湖の希少な牡蠣

網走湖のシジミ・ワカサギ・シラウオ

豊富な水揚げ量が自慢

名物一覧のページ ホーム北海道の名物水産物宗谷・オホーツク

タグ: