産直つるい牛

北海道東部、釧路エリアにある鶴居村。

その名の通りタンチョウヅルで有名。

酪農が盛んな村で育てられる銘柄牛が

ホルスタイン種の産直つるい牛。

鶴居村

北海道東部、釧路エリアにある内陸の村。

村の南側には釧路湿原が広がる。

自然豊富な酪農・農業が盛んな村。

タンチョウの生息地として有名。

産直つるい牛

鶴居村で育てられる銘柄牛が、

産直つるい牛という肉牛。

ブランドの定義は、

釧路管内からホクチクファームの

達古武分場(釧路町)に集荷し、

ある程度の期間育成されたオスの子牛を

鶴居村にある鶴居分場で肥育した肉牛。

種類は、ホルスタイン種(去勢)。

生まれから出荷まで釧路エリアでの一貫生産。

抗生物質は与えずに育てられ、

北海道産の乾草を与える。

与える飼料の内容分析や

きれいな村の水道水を与えるなど、

病気予防にもしっかり取り組む。

年間出荷頭数は600 頭ほどで、

広島など中国地方の生協で流通する。

その育成でのこだわりは、堅実な管理。

生産段階における管理システムとして、

HACCPを導入した衛生管理体制を敷く。

もと牛の導入時から育成・出荷までの

各段階において、飼料や水のみならず、

ワクチン接種、消毒・清掃・器具の洗浄など

事細かにマニュアルが作成されている。

それらは継続的に記録され、

公開もできる体制が整備されている。

飼料給与のシンプル化や

一日に二回の健康チェックにより

調子のよくない牛も早期に発見・対処できる。

体重測定も段階に応じて行われ、

飼料の調整など、出荷時の体重が

一定水準以上となるような対応も行う。

以上のような取り組みにより、

ブランド牛に必要な、質と量の安定、

安全性の確立・維持、トレーサビリティの確保、

などがしっかりと行われている。

育成過程で出る堆肥も、

乾草を出してくれる農家に提供するなど

地域還元型の農業にも力を入れる。

敷料には古紙を混合したものを使用。

グルメ・イベント

地元グルメへの活用や

イベントでの活躍などにも期待

鶴居村の名物

鶴居村といえばタンチョウヅル

タンチョウはアイヌ語で鶴のこと。

冬場を中心に多くのタンチョウがやって来る。

エゾシカもたくさん生息する。

→鶴見台や鶴居伊藤サンクチュアリなど

南側にある釧路湿原も有名。

キャンプ場や乗馬体験なども。

森林セラピー施設もある。

酪農がとても盛んで、

チーズなど乳製品の加工も行われる。

鶴居村振興公社「酪楽館」

清流を利用したヤマメなどの淡水魚も獲れる。

外部リンク

鶴居村

自治体公式サイト

鶴居村観光協会

観光情報やイベント情報など

鶴居村 産直つるい牛

サイト内リンク

北海道の名物TOP

北海道の畜産物

北海道の畜産物/銘柄牛

タグ: ,