美夢牛

北海道の北部にある美瑛町。

丘陵地では農業が盛んで、

風景の良さから観光に訪れる人も多い。

山からのキレイな水、澄んだ空気、良い気候、

その中で育てられるのが美夢牛。

名物一覧での現在地 ホーム北海道の名物畜産物銘柄牛

美瑛町(びえいちょう)

北海道北部、上川エリアにある内陸の町。

旭川市と富良野市の中間ぐらい。

東西を山地に挟まれる。

中心部の丘陵地帯は農業がとても盛ん。

各所に北海道らしい光景があり、

夏を中心に多くの観光客が訪れる。

美夢牛(びーむぎゅう)

美瑛町で育てられる銘柄牛が、美夢牛。

<ブランドの定義>

美瑛町にある美夢舎にて

飼養管理された乳用種の去勢肥育牛。

美瑛舎は、美瑛町に広がる丘陵地帯の

ど真ん中にある農場。

周囲は色々な作物の畑に囲まれる。

育てられるのは、ホルスタイン種のオス牛。

周囲を囲む山々からのキレイな水と

澄んだ空気の中ですくすく育つ。

夏でも過ごしやすい気候は牛の育成に向く。

ちなみに冬はめちゃくちゃ寒い。

子牛の頃の哺育から、育成段階、

そして肥育段階に至るまでを

この農場で一貫して行うことで、

引っ越し等でのストレスを解消。

一貫した育成のため、個体管理も

しっかりとできるのも強み。

牧草には、アルファルファを使用。

堆肥などのパワーで栄養豊富な土壌を作り、

そこで育つ100%自家製のもの。

獣医師による管理や検査・診断も整備され、

しっかりと牛の健康面をサポート。

たくさん出るフンから作られた堆肥は、

近隣の畑作農家から提供される敷料と

交換することで、良いサイクルを形成。

良い環境と栄養たっぷりの飼料、

健康に配慮した管理体制の下で

19ヵ月齢前後まで育てられ、出荷される。

年間の出荷頭数は、2200頭ほど。

地元の上川エリアの他、

中部地方などへも出荷される。

グルメ・イベント

地元グルメへの活用や

イベントでの活躍などにも期待

美瑛町の名物

町は東西を山岳地帯に囲まれる。

東側半分が大雪山から十勝岳に至る山地、

西側にも神楽岳などがある。

それらは2000m級の山ばかり。

山の間に広がる丘陵地帯は、

広く開発されていて、

農業が盛んに行われる。

ジャガイモ・テンサイ・

トウモロコシ・トマト・アスパラガス・

お米・小麦・豆類など種類も豊富。

それらの加工品生産も活発。

酪農・肉牛生産も行われる。

体験型の牧場もある。

びえい牛、美夢牛、千代田ファーム

連作障害防止のため輪作が行われ、

種類も豊富で色とりどりの畑となる。

ひまわり畑や花畑なども点在。

広く鮮やかな畑と空、まっすぐに伸びる道、

といった北海道らしい風景が随所に。

CMやポスターなどにも用いられる。

有名撮影スポットも多く、

展望公園も多数設置されている。

美術館やギャラリーも豊富。

→パッチワークの路、パノラマロード

ケンとメリーの木、セブンスターの木、

拓真館、新星館 など

すぐそばに雄大な山地が構える。

山裾の散策から本格的な登山まで可能。

十勝岳のふもとには温泉地もある。

→白金温泉

外部リンク

美夢舎

美夢牛の紹介、安全管理情報など

美瑛町

自治体公式サイト

美瑛町観光協会

観光情報やイベント情報など

Google検索「美瑛町 美夢牛」

名物一覧ページへのリンク

ホーム北海道の名物畜産物銘柄牛

タグ: ,