未来めむろ牛

北海道東部の芽室町。

農業の盛んなこの町で育てられる

銘柄牛が、未来めむろ牛。

飼料を中心に、牛の健康にこだわる。

情報公開もばっちり。

名物一覧での現在地 ホーム北海道の名物畜産物銘柄牛

芽室町(めむろちょう)

北海道東部、十勝エリアにある内陸の町。

十勝平野の真ん中くらいに位置する。

帯広市に隣接、ベッドタウンとしても発展。

ゲートボール発祥の地としても有名。

冬はやっぱりなまら寒い。

未来めむろ牛(みらいめむろぎゅう)

農業の盛んな芽室町は畜産業も盛ん。

約7千頭のホルスタイン種乳用牛、

約1万頭以上の肉用牛、約1万2千頭の豚、

などその数・種類も豊富。

その芽室町で育てられるのが、

「未来めむろ牛」という銘柄牛。

<ブランドの定義>

芽室町内で、哺育・育成農家と肥育農家が連携、

一貫生産的な取組の中で生産される牛肉。

種類は、ホルスタイン種および交雑種。

等級・歩留はB2以上のもの。

<こだわり>

抗生物質の不使用や

遺伝子組換飼料の不使用といった

牛の健康を大事にした育成・肥育、

トレーサビリティー&情報公開体制による

安全性・信頼性の向上、に力を入れる。

芽室町内にある、

オークリーフ牧場と大野ファームが生産する。

もと牛は北海道内と東北から導入されるほか

自牧場で生まれた子牛。

導入時の移動などは

牛にとってかなりのストレスとなるので、

なるべく負荷にならないような配慮と

入念な体調確認が行われる。

哺育で与えるミルクの段階から

抗生物質は添加されない。

育成段階の飼料も抗生物質や

遺伝子組換のものは使わない。

抗生物質を使わない分、病気の前触れなど

牛の状態変化には特に注意して管理される。

牛舎や道具等もしっかり清掃・消毒。

たっぷりと敷かれた麦ワラなどの敷量は、

元気な子牛の体調管理に役立ち、

十分な発酵と再利用の後、良質な堆肥となる。

これは近隣の農家で利用され、

良い土壌と美味しい農作物を育てる。

7ヶ月齢ほどまで育成が進むと、

肥育の段階に移行する。

健康な牛を育てる、それにはなにより

安全な飼料を与えることが大事。

手間はかかるが、指定基礎飼料に

地元生産の飼料を肥育段階に合わせ

自家配合して与えることで、

遺伝子組換の飼料原料を不使用化。

大豆かす・醤油かす・果実かすなども

地元の加工施設から出るので、

これらも飼料として有効活用している。

牧草・麦ワラも農場内で生産または

地元生産されたものを与える。

肥育段階で出るたっぷりの堆肥は

自農場の畑に還元されたり、

近隣農家に提供され麦ワラと交換したりする。

しっかりと大きな肉牛に育てるため、

普通は18ヶ月齢ほどなのに対し、

23ヶ月齢ほどまで育成期間をとる。

しっかりとした個体管理と

与える飼料などの情報を記録することで、

高いトレーサビリティも確立。

これらの育成・管理情報の公開も行い、

ブランドの信頼性も高めている。

<出荷先>

地元のAコープなどのほか、

香川県を中心に四国に展開する

スーパーマルナカなどで販売される。

グルメ・イベント

地元グルメの創作や

イベントでの活躍などにも期待。

芽室町の名物

芽室町は農産物の宝庫。

十勝平野の良さを活かした

大規模な畑が広がっている。

スイートコーンの収穫量は全国トップ。

ジャガイモ・カボチャ・ゴボウ・長いも・

アスパラガス・タマネギ・ゆり根・

小麦・豆類・テンサイなど

種類豊富&大量に収穫される。

酪農を中心に畜産業も盛ん。

ウシ・ブタ・トリとまんべんなく。

明治 十勝工場・十勝チーズ館

カルビーの工場など、食品加工系の

大きな工場や物流センターも立地する。

観光はぼちぼち、帯広市も近いことですし。

のんびり過ごしたらいいんでなかろうか。

十勝名物のモール温泉もある。

外部リンク

JAめむろ

地域農業について色々載っている

大野ファーム

牛づくり、土づくりなどの情報

オークリーフ牧場

牛の情報、飼料情報など色々

芽室町

自治体公式サイト

芽室町観光物産協会

観光情報やイベント情報など

Google検索「芽室町 未来めむろ牛」

名物一覧ページへのリンク

ホーム北海道の名物畜産物銘柄牛

タグ: ,