浅野農場産SPF豚

北海道の当別町は、札幌のすぐそばの町。

農業が盛んなこの町にある浅野農場で

健康にこだわり育てられるのがSPF豚。

与える飼料やお水、育成環境にも

手を抜かず、美味しい豚肉を出荷している。

名物一覧での現在地 ホーム北海道の名物畜産物銘柄豚

当別町(とうべつちょう)

北海道の札幌近くにある内陸の町。

南の平野部では農業がとても盛ん。

町域の真ん中にはダム湖の当別ふくろう湖。

中央から北部は、山林がひろがる。

札幌に近いことからベッドタウンとしても発展。

浅野農場産SPF豚

当別町の南部にある浅野農場は、

平成11年からSPF豚の生産に取り組む。

平野と山の境目に位置する浅野農場は、

山からの澄んだ空気に包まれる。

付近は畑が一面に広がる田園地帯。

衛生管理が重要なSPF豚生産。

外部からの感染防止のため、

しっかりとした防疫体制が取られる。

出荷時にも中継場所を挟むなどして、

病気感染の可能性を極力減らす。

ただ病気感染を防ぐだけでは、

美味しい豚肉にはならない。

浅野農場では、飼料に地元産の小麦を配合。

外国産の飼料にばかり依存せず、

地域の農業サイクルを活用している。

小麦を与えることで、脂身の白さが際だち、

甘みもコクもある豚肉となるらしい。

与える水にもこだわる。

後ろには広大な山々が広がり、

豊富でキレイな水を供給してくれる。

それでも十分な気がする水を

アルカリイオン水変換機にかけ、

カルキを除去したうえで与える。

管理の行き届いた肥育スペースで

豚たちは育てられるわけだが、

特徴的なのが床の敷料。

町でたくさん作られるお米の籾殻を取寄せ、

たっぷりと敷く。バイオベッドとも呼ばれる床は、

ふかふかで動き回るにも転がるにも良い。

籾殻は、人が触るとチクチクする。

シャツの中に入るともうね。

これは表面に細かいガラス質があるため。

まあどうでもいい事ですけど。

フンなどを吸収した籾殻は、発酵させ、

堆肥として畑などで利用される。

自農場のアスパラなどの畑へ撒いたり、

近隣農家で使用されたりする。

堆肥で土壌が良くなりお米や小麦が育つ、

それを使い与えることで良い豚が育つ、

という地域農業内のサイクルができる。

浅野農場からは、年間で3000頭以上の

しっかり育ったSPF豚が出荷される。

飼料・水・環境にこだわった結果、

豚肉特有の臭みが少なく、脂身も美味しく、

調理してもアクがあまり出ない、とのこと。

地元の道央・札幌圏を中心に

東京などでも食べられる。

当別町と札幌市に直営店もあり、

ハムやベーコン・ウインナーなども作られる。

町内のイベントなどにも出店したりする。

ネットショップもある。

<SPF豚>

あらかじめ指定された病原体をもっていない豚。

健康豚とも呼ばれる。

規制対象の病気は五つ。

トキソプラズマ病、豚赤痢、オーエスキー病、

マイコプラズマ肺炎、萎縮性鼻炎。

その方法は、外部からの感染を防止し、

健康な豚を育てる、という

シンプルながら大変なもの。

高度な衛生管理が必要となるが、

健康に育った豚は病気になりにくくなる。

それに伴い薬剤などの使用も抑えられ、

病気になったときの治療コストや

途中で死亡したりするリスクも減る。

結果として、臭みの少ない柔らかな豚肉を

安定して出荷できることになる。

食べる際の加熱調理は必須。

認定制度があり、一年ごとの更新が必要。

当別町の名物

自然が豊かで農業が盛んな当別町。

南部の平野には、たくさんの畑や田んぼ。

特産は、お米や小麦、

たくさんの野菜やフルーツなど。

花の生産も盛んで、ユリ・かすみ草・

カーネーションなど種類も豊富。

スウェーデンのレクサンド市と姉妹都市。

そのつながりで、夏にお祭が開かれる。

→当別町の夏至祭

ほかにも色々イベントあり。

南の平野部に対し、中央・北部は殆ど山林。

色々あって完成したダム湖の

当別ふくろう湖は、秋の紅葉の名所。

ゴルフ場やスキー場があるほか、

乗馬施設もあったりする。

温泉や宿泊施設、キャンプ場もある。

札幌市から近いこともあり、訪れる人が多い。

→ふとみ銘泉万葉の湯

→ふくろふ乃湯

→中小屋温泉

→石狩平原スキー場

外部リンク

浅野農場

農場のウェブサイト

JA北いしかり

周辺の農産物情報など

ホクレンのSPF豚

北海道のSPF豚について

日本SPF豚協会

SPF豚の定義とか色々

当別町

自治体公式サイト

当別町観光物産協会

観光情報やイベント情報など

Google検索「当別町 浅野農場」

名物一覧ページへのリンク

名物一覧での現在地 ホーム北海道の名物畜産物銘柄豚

タグ: ,