サクセス森のSPF豚

北海道南部にある森町。

ここで養豚を行うサクセス森。

豚の健康を第一にSPF豚生産を行う。

名物一覧での現在地 ホーム北海道の名物畜産物銘柄豚

SPF豚

豚は基本的に多くの病気にかかる。

病気にかかると薬を投与したり、

面倒を見たりしなければならない。

完治しない病気も多い。

その病気にならないように、

衛生管理を高度に行い、

健康に育った豚がSPF豚。

SPFとは、特定の病気を持たない、

という意味で、対象となる病気も

鼻炎・感染症・赤痢など複数。

病気にかかる豚が減れば、

病気対処での色々なコストが減り、

出荷できる頭数も安定する、

といったメリットもある。

無菌ではないので、食べるときは

火を通しましょう。

サクセス森の衛生管理

サクセス森でも、衛生管理を

しっかりと行いSPF豚を生産している。

基本的には、予防&予防。

外部から豚舎への病気の流入を

しっかりと防ぐことが重要。

農場入口には車輌消毒施設。

職員が豚舎に入るときには、

欠かさずお風呂に入り消毒。

豚舎での育成場所は区画を決め、

育成段階ごとに一斉入れ替えと

しっかりした清掃・消毒を行う

オールイン・オールアウト方式を採用。

飼養管理マニュアルの作成、

衛生管理指針の策定、

作業等の記録、なども行う。

以上のような徹底した

衛生管理を行うことで、

安心・安全な豚肉の出荷が可能。

豚を育てるのと並行して

大量に出る堆肥は、

近隣の畑作農家へと提供される。

こんなお肉 評価

サクセス森の年間出荷頭数は、

8000頭以上。

出荷頭数・安定性などを評価され、

日本SPF豚協会の最優秀賞を

受けたこともある。

サクセス森から出荷された豚肉は、

特有の臭みが少なく、

肉質がきめ細かいため食感も柔らか。

温かい料理だけでなく、

冷めても美味しいとのこと。

冷しゃぶなんかどうでしょうか。

出荷先は、ホクレンなど。

町の紹介

北海道森町(もりまち)。

噴火湾・内浦湾の入口に位置。

北海道駒ヶ岳のふもと。

漁業・農業が盛ん。

いかめしが有名。

水産物の冷凍工場が多く立地し、

見学が可能な所もある。

名所は、鳥崎八景や砂崎灯台など。

古くからの温泉地もあり、

その熱を利用した地熱発電所も。

町内には、道の駅が2つある。

外部リンク

有限会社 サクセス森

農場の紹介など

日本SPF豚協会

SPF 豚について色々

北海道森町

自治体公式サイト

森町の観光スポット

観光情報やイベント情報など

Google検索「サクセス森 SPF豚」

名物一覧ページへのリンク

名物一覧での現在地 ホーム北海道の名物畜産物銘柄豚

タグ: ,