道南アグロひこま豚

北海道森町にある道南アグロ。

衛生管理を徹底しSPF豚を生産、

ひこま豚の名で直売も行う。

名物一覧での現在地 ホーム北海道の名物畜産物銘柄豚

SPF豚

豚は基本的に多くの病気にかかる。

病気にかかると薬を投与したり、

面倒を見たりしなければならない。

完治しない病気も多い。

その病気にならないように、

衛生管理を高度に行い、

健康に育った豚がSPF豚。

SPFとは、特定の病原菌を持たない、

という意味で、対象となる病気も

鼻炎・感染症・赤痢など複数。

病気にかかる豚が減れば、

病気対処での色々なコストが減り、

出荷できる頭数も安定する、

といったメリットもある。

無菌ではないので、食べるときは

火を通しましょう。

道南アグロのSPF豚生産

北海道森町でSPF豚を生産する

道南アグロは、北海道駒ヶ岳の西、

道央自動車道沿いにある。

SPF豚生産のためには、

病気予防あるのみ。

場外からの病原菌侵入を規制。

搬入資材も、資材庫で滅菌処理。

職員も出入りの際には

お風呂に入って清潔に。

作業内容や出入りの記録を

しっかりとるHACCP手法も実践。

おいしい豚肉を生産するために

衛生管理とともに重要なのが

元気で丈夫に育つこと。

豚の育成に丁度良いように

豚舎内の温度・空調管理もバッチリ。

駒ヶ岳のミネラル豊富な地下水と

特製飼料とで育てられる。

たっぷり出る堆肥は、

近隣の畑作農家へと提供され、

森町の豊富な農産物を育てる。

ひこま豚

道南アグロのひこま豚出荷頭数は、

年間で18,000頭にもなる。

ちなみにひこま豚の名前は、

生産者の日浅さんの「ひ」と

駒ヶ岳の「こま」で「ひこま」。

病気知らずで健康に育ったその肉は、

臭み少なく風味よし、

肉質もきめ細かくやわらかく、

ドリップも少なく持続する美味しさ、

とのこと。

精肉・加工も行っていて、

ひこま豚ファーマーズマーケットという

直売所も設置。

場所は町の南、赤井川駅の近く、

大沼国定公園のすぐ北。

お肉の販売のほかに、

ひこま豚を使った料理も食べられる。

町の紹介

北海道森町(もりまち)。

噴火湾・内浦湾の入口に位置。

北海道駒ヶ岳のふもと。

漁業・農業が盛ん。

いかめしが有名。

水産物の冷凍工場が多く立地し、

見学が可能な所もある。

名所は、鳥崎八景や砂崎灯台など。

古くからの温泉地もあり、

その熱を利用した地熱発電所も。

町内には、道の駅が2つある。

外部リンク

北海道育ち ひこま豚

農場の紹介など

日本SPF豚協会

SPF 豚について色々

北海道森町

自治体公式サイト

森町の観光スポット

観光情報やイベント情報など

Google検索「道南アグロ ひこま豚」

名物一覧ページへのリンク

名物一覧での現在地 ホーム北海道の名物畜産物銘柄豚

タグ: ,