十勝清水産SPF豚

北海道の十勝でSPF豚を生産する

青木ピッグファーム。

しっかりした衛生管理で

健康な豚を育成、出荷する。

名物一覧での現在地
ホーム北海道の名物畜産物銘柄豚

青木ピッグファーム

北海道の十勝エリアにある清水町。

日本を代表する農作地帯・十勝平野、

その西端に位置していて、

辺り一面に畑が広がる。

町の東部を十勝川が流れ、

西部には険しい日高山脈が迫る。

その清水町の御影で養豚を

営むのが、青木ピッグファーム。

ここではSPF豚を生産している。

特定の病原体を持たない豚、

という意味のSPF豚。

豚舎のしっかりした衛生管理、

外部からの病原体進入防止が重要。

外部からの入場規制、

職員が豚舎に入るときは要シャワー、

豚舎の洗浄・消毒など、

衛生面には特に気を遣う。

豚の育成も大事。

成長段階により適切な広さになるよう

育成スペースを変更し、

豚舎内も快適な温度になるように

空調管理などもしっかり行う。

衛生面と育成面の両方に力を入れ、

健康で病気知らずな豚を生産する。

たくさん出る良質な堆肥は、

十勝の畑に撒かれ、土壌を元気にし、

農作物の出来もより良いものとなる。

十勝清水のSPF豚

青木ピッグファームから出荷される

SPF豚は年間8000頭以上。

SPF豚に共通した良さではあるが、

豚特有の臭みが少なく食べやすい、

きめ細かな肉質で食感も柔らか、

という特長がある。

食べ方としては、

十勝の名物である帯広の豚丼、

しゃぶしゃぶなどがオススメ。

Aコープや周辺のスーパーなどで

購入できる。

SPF豚について

SPFとは、特定の病原菌を持たない、

という意味がある。

豚は基本的に多くの病気にかかる。

病気にならないように、

豚舎の衛生管理を高度に行い、

健康な豚を生産するというもの。

対象となる病気も

鼻炎・感染症・赤痢など複数ある。

継続的な衛生管理は大変で

固定コストも手間もかかるが、

病気にかかる豚が減れば

病気対処での色々なコストが減り、

出荷できる数も安定する、

という大きなメリットがある。

無菌ではないので、食べるときは

火を通しましょう。

町の紹介

清水町(しみずちょう)

十勝エリアの西にある町。

静岡の清水町とかぶるので

十勝清水町と呼ばれたりする。

道央と道東を結ぶ日勝峠がある。

西に日高山脈、東に十勝平野。

町の産業は畑作・酪農がメイン。

のどかな風景が広がる。

外部リンク

青木ピッグファーム

農場の紹介など

日本SPF豚協会

SPF 豚について色々

十勝清水町

自治体公式サイト

十勝清水町観光協会

観光情報やイベント情報など

Google検索「青木ピッグファーム SPF豚」

名物一覧での現在地
ホーム北海道の名物畜産物銘柄豚

タグ: ,