名寄鈴木ビビッドファームSPF豚

北海道名寄市にある

鈴木ビビッドファームのSPF豚。

自然たっぷりの環境に囲まれ、

衛生管理もしっかりとした中で

元気でいきいきとした豚が育つ。

名物一覧での現在地
ホーム北海道の名物畜産物銘柄豚

鈴木ビビッドファーム

北海道北部の上川エリア、

名寄市でSPF豚を生産するのが

鈴木ビビッドファーム。

ビビッドは英語由来で、

元気な・いきいきとした、という意味。

その名に負けない健康元気な

豚を育てている。

場所は名寄市街地の北部

宗谷本線日進駅の近くで

森と川に囲まれたところ。

近隣には、なよろ健康の森や

サンピラーパークがあり、

少し行けば

名寄ピヤシリスキー場や

ナイオロップの滝などもある

自然あふれる環境。

病気知らずな健康豚、SPF豚。

豚を病気から守るためには

予防が最重要。

外部からの入場規制、

職員は作業前に入浴と着替え、

豚舎の洗浄・消毒など、

しっかりとした衛生管理が行われる。

また食の信頼度向上のため、

生産する豚の群単位での

管理・識別を行うことで

トレーサビリティにも対応している。

たっぷり出る堆肥は、畑に撒き

成長に役立てている。

出荷

年間出荷頭数は3,500頭ほど。

SPF豚らしく、

きめ細かく柔らかなお肉と

臭みの少なさがイイところ。

名寄市の地元グルメである

なよろバーガーにも使用されている。

SPF豚について

SPFとは、特定の病原菌を持たない、

という意味がある。

豚は基本的に多くの病気にかかる。

病気にならないように、

豚舎の衛生管理を高度に行い、

健康な豚を生産するというもの。

対象となる病気も

鼻炎・感染症・赤痢など複数ある。

継続的な衛生管理は大変で

固定コストも手間もかかるが、

病気にかかる豚が減れば

病気対処での色々なコストが減り、

出荷できる数も安定する、

という大きなメリットがある。

無菌ではないので、食べるときは

火を通しましょう。

市町村の紹介

名寄市(なよろし)

北海道の北部、上川エリアの市。

山地に挟まれた名寄盆地にある。

名前はアイヌ語のナイ・オロ・プトで、

川の入り口といった意味。

冬は、まー寒い。すんごい寒い。

ダイアモンドダストや

サンピラー現象も見られるほど。

雪質が高く、スキー場も人気。

産業の中心は農業。

もち米生産日本一。

カボチャやアスパラなども特産。

色々見どころある地域の中心地。

外部リンク

鈴木ビビッドファーム

農場の紹介など

ホクレンのSPF豚

北海道のSPF豚について

日本SPF豚協会

SPF豚について色々

名寄市

自治体公式サイト

なよろ観光まちづくり協会

観光情報やイベント情報など

Google検索「名寄市 SPF豚」

名物一覧での現在地
ホーム北海道の名物畜産物銘柄豚

タグ: ,