芽室産SPF豚

コーンの町、芽室町。

北海道十勝地方のこの町で、

小規模ながらSPF豚を生産するのが

ササキSPFファーム。

名物一覧での現在地
ホーム北海道の名物畜産物銘柄豚

ササキSPFファーム

北海道十勝エリアの芽室町で

SPF豚を育てているのが、

ササキSPFファーム

農場のある芽室町祥栄北は、

芽室町の中心部から少し北。

大農産地帯十勝の一部だけに

付近の広々とした大地は

畑で埋め尽くされる。

農場の周囲は森に囲まれ、

近くには十勝川が流れる。

北海道らしい環境の中で

病気予防をしっかり行い養豚を行う。

農場入口の入場規制、

出荷時など外部との接触には

農場から離れた場所で行う、

豚舎の洗浄や消毒、といった

しっかりとした衛生管理により、

健康な豚を育成・出荷している。

家族経営のため規模は小さめ、

年間出荷頭数は1300頭ほど。

そのお肉はSPF豚の特長である

お肉のキメ細かさ、

食感の柔らかさを持つ。

食べ方としては、

十勝名物帯広の豚丼や

しゃぶしゃぶなど。

SPF豚について

SPFとは、特定の病原菌を持たない、

という意味がある。

豚は基本的に多くの病気にかかる。

病気にならないように、

豚舎の衛生管理を高度に行い、

健康な豚を生産するというもの。

対象となる病気も

鼻炎・感染症・赤痢など複数ある。

継続的な衛生管理は大変で

固定コストも手間もかかるが、

病気にかかる豚が減れば

病気対処での色々なコストが減り、

出荷できる数も安定する、

という大きなメリットがある。

無菌ではないので、食べるときは

火を通しましょう。

市町村の紹介

芽室町(めむろちょう)

北海道の十勝エリアにある町。

帯広市に隣接していて、

ベッドタウンとしても発展している。

十勝らしく農業・酪農が盛ん。

スイートコーン日本一の町。

地元グルメにも採用されている。

ゲートボール発祥地であり聖地。

外部リンク

ササキSPFファーム

農場の紹介など

ホクレンのSPF豚

北海道のSPF豚について

日本SPF豚協会

SPF豚について色々

芽室町

自治体公式サイト

芽室町観光物産協会

観光情報やイベント情報など

Google検索「芽室町 SPF豚」

名物一覧での現在地
ホーム北海道の名物畜産物銘柄豚

タグ: ,