山中クリーンポーク

北海道道央の米どころ、長沼町。

一面が田園地帯のこの町で

SPF豚を育てる長沼畜産。

衛生管理の徹底により

健康に育ったSPF豚を出荷する。

名物一覧での現在地
ホーム北海道の名物畜産物銘柄豚

山中畜産

札幌に近く農業が盛んな長沼町。

広々とした平野を持ち、

様々な農作物が育てられる。

ここでSPF豚を育てるのが長沼畜産。

長沼町の中心部から少し西、

畑に囲まれた中に農場がある。

SPF豚を育てているだけに

場外からの防疫、場内の洗浄・消毒、

働く職員の衛生管理など、

病気予防にこだわる。

また繁殖から出荷まで一貫して

行うことでその品質も安定。

育成具合のチェックも怠らず、

病気知らずの健康な豚を育て、

安心できる食材としての豚肉を

提供している。

そのキメ細かく、柔らかなお肉は

山中クリーンポークとして、

北雄ラッキーなどで購入できる。

千歳でもSPF豚生産を開始し、

生産能力の向上にも努める。

SPF豚について

SPFとは、特定の病原菌を持たない、

という意味がある。

豚は基本的に多くの病気にかかる。

病気にならないように、

豚舎の衛生管理を高度に行い、

健康な豚を生産するというもの。

対象となる病気も

鼻炎・感染症・赤痢など複数ある。

継続的な衛生管理は大変で

固定コストも手間もかかるが、

病気にかかる豚が減れば

病気対処での色々なコストが減り、

出荷できる数も安定する、

という大きなメリットがある。

無菌ではないので、食べるときは

火を通しましょう。

市町村の紹介

長沼町(ながぬまちょう)

北海道・道央・空知エリアの町。

西に平野、東には丘陵が広がる

稲作・畑作など農業が盛ん。

味付けジンギスカンが有名。

外部リンク

山中畜産 長沼農場

農場の紹介など

山中畜産 千歳農場

農場の紹介など

ホクレンのSPF豚

北海道のSPF豚について

日本SPF豚協会

SPF豚について色々

長沼町

自治体公式サイト

長沼町観光協会

観光情報やイベント情報など

Google検索「長沼町 山中畜産」

名物一覧での現在地
ホーム北海道の名物畜産物銘柄豚

タグ: ,