なかしべつミルキーポーク

北海道東部にある中標津町。

酪農が盛んな町で、養豚を行うのが

ピックファーム大山。

酪農地帯ならではの飼料と

育成環境にこだわり、銘柄豚を生産。

名物一覧での現在地
ホーム北海道の名物畜産物銘柄豚

市町村の紹介

中標津町(なかしべつちょう)

北海道東部の根室エリアにある町。

内陸の町で、酪農が主要産業。

市街地の近くに中標津空港があり、

根室エリアの玄関口となっている。

商業面でも発展している。

長い防風林が特徴的な風景を作る。

ピックファーム大山

中標津町にあるピックファーム大山。

こちらでは養豚を行っている。

元サラリーマンが始めた養豚は、

試行錯誤と研究を重ね、

町の特産品に成長。

その銘柄は、

なかしべつミルキーポーク。

特徴は、育て方と与える飼料。

ブランド名の由来にもなっている。

育て方

子豚を生んでくれる母豚は、

出産まで牧草地に放牧。

開放的な環境でのびのび過ごし、

運動たっぷり健康な状態で

出産にのぞめるようにしている。

生まれた子豚もある程度まで

大きくなったらハウス豚舎に移動。

ハウス豚舎の中の環境は、

なるべく自然環境に近い状態にし、

生活スペースも広めにとり

放し飼いのような形で育成される。

与える飼料

研究を重ねた独自配合の飼料に、

ホエーを混ぜたものを与える。

ホエーはチーズ生産時に出る水分。

ヨーグルトの上にたまるアレ。

ホエイ、乳清とも呼ばれる。

高たんぱく低脂肪で

ミネラルなども豊富な高栄養食品。

大酪農地帯の中標津なので

加工に伴う副産物のホエーも大量。

それを粉末状に加工し、

飼料と混ぜて与える。

栄養たっぷりの飼料を食べ、

豚たちは元気に健康に育つ。

牛乳のイイとこどりしたホエーで

元気に育った豚なので、

ミルキーポーク。たぶん。

ミルキーポーク

のびのびと育ち、

酪農地帯ならではの飼料で育った

ミルキーポーク。

肉のうまみと脂の甘さを両立。

香りもよく、バターの如くともいわれる。

農場には直売所もあり、

精肉や加工品の販売・通販を行う。

町内の飲食店などでも使用される。

あまり養豚農家のいない根室エリア。

美味しい豚の育成を続け、

イベント参加や地元グルメ開発など

今後の活躍にも期待したい。

外部リンク

ピックファーム大山

育成内容やお肉の販売など

JA中標津

JAの活動内容など

中標津町

自治体の公式サイト

なかしべつ観光協会

観光やイベント、特産品など

Google検索「中標津町 ミルキーポーク」

Google Earth 「中標津町」

名物一覧での現在地
ホーム北海道の名物畜産物銘柄豚

タグ: ,