花畑牧場

生キャラメルでおなじみとなった。

北海道の中札内に本部がある。

多角化と販売力強化で

さらなる成長を狙う。

名物一覧での現在地
北海道の名物畜産物酪農・乳製品道東

ざっくり紹介

タレントの田中義剛がトップ。

牧場を経営したいという夢を持ち

酪農学園大学に通うが、

現実的なハードルは高く、

タレントとして活動。

1994年に念願の牧場を

十勝地方の中札内村に開業。

牧場を始めてからかなりの期間

安定せず、借金で飛びかけたが、

2000年代後半になって

生キャラメルが大ヒット。

花畑牧場の一般認知に成功。

事業の充実と拡大に乗り出し、

多角化と経営の効率化による

企業としての強さと成長を目指す。

スイーツ生産・チーズ生産・

養豚事業などを中心に

販売と飲食事業を行う。

元々酪農家、というわけではないため

枠を超えた活動が話題を呼ぶというか

なんというか。

生キャラメル

かなり柔らかく作られていて、

すこし温かいと溶けだすほど。

口に入れれば、その体温で

とろける食感が味わえる。

現在では、北海道名物の一つとして

認知されるメニューとなっていて、

多くのお店で作られている。

大元のレシピ開発は、興部町にある

ノースプレインファーム

※同店では、2013年で販売終了。

ソフトなキャラメルという枠だと、

ポーランドで1921年から販売され、

ヨーロッパやアメリカで普及している

クルフカ(クルフキ)が有名。

作っているもの

スイーツ)

生キャラメル

生キャラメルポッポコーン

カタラーナ

チーズケーキ

ガトーショコラ

タルト

ラングドシャ

ミルクジャム

ポテトチップス

ラスク   などなど

チーズ・バター)

ラクレット

カチョカヴァロ

ゴールデンゴーダ

カマンベール

モッツァレラ

酪農バター  などなど

豚肉)

花畑牧場のホエーを与えて

育てた豚さんのお肉。

ジンギスカン風や豚丼風など。

十勝花畑牧場

中札内村中心部から南、

元札内地区に牧場を構える。

その知名度の高さから

十勝・帯広周辺にある

観光スポットの一つにもなっている。

面積は23haほど。

動物もいろいろいて、ふれあいや

ファームショーの開催もある。

牧場には、工房がたくさん。

生キャラメルをはじめ、

チーズやスイーツを作っている。

そして仕事風景を見学もできる。

カフェでは、チーズをたっぷり使った

パスタやピザなどのほか、

ソフトクリームなどを提供。

販売を行うショップもある。

北野武絵画美術館というものもある。

30点ほどが展示され、

その個性の片鱗が感じられるかも。

建物は、古い馬小屋を

移築してきたもの。

お店

小樽・新千歳・夕張にもお店あり。

公式サイトをご覧あれ。

通信販売にもかなり力を入れている。

外部リンク

花畑牧場

会社概要や製品の紹介など

北海道乳業協会

協会会員の紹介など

日本乳業協会

牛乳・乳製品について色々

中札内村

自治体の公式サイト 観光情報も

中札内村観光協会

観光やイベントの情報

Google 検索

「中札内村 花畑牧場」

Google マップ

「花畑牧場」

名物一覧での現在地
北海道の名物畜産物酪農・乳製品道東

タグ: ,