山本牧場WILDMILK

北海道東部の中標津町で、

年間を通しての放牧を行う牧場。

飼料や牧草地などにもこだわり、

ワイルドな酪農スタイルを築く。

牛乳加工やソフトクリーム販売も行う。

名物一覧での現在地
北海道の名物畜産物酪農・乳製品道東

中標津の牧場

北海道東部・根室エリアにある

中標津(なかしべつ)町。

酪農がすんごい盛ん。

土壌と気候から酪農以外きついため、

規模の大きな酪農家が多い。

中標津町は、

魚のカワハギみたいな形の町。

左頭の右尻尾です。

頭から背中にかけてが

知床半島へと伸びる山地。

そのほかは、なだらかな根釧台地。

そのカワハギのおなかぐらい、

養老牛(ようろううし・よろうし)地区で

酪農を営むのが、山本牧場。

少し北に行くと山&養老牛温泉、

北西には摩周湖(弟子屈町)がある。

ワイルドな酪農

山本牧場は、

放牧スタイルの酪農を行う。

基本的に外で過ごすのが昼夜放牧。

山本牧場では冬も昼夜放牧。

搾乳の時は、牛舎にやってくる。

冬の寒さ厳しい北海道で、

年中昼夜放牧をするのは

山本牧場を含め数件程度。

うーん、ワイルド。

牧草地には、農薬・化学肥料を使わず

牛フンや鶏フンから作る堆肥を与え、

自然で強い土壌を作る。

雑草の処理は大変だが、

土壌バランスを考え、

なんとかやりくり。

冬は干草を与えるが、

基本は自牧場産のものを与える。

足りない時もある。

その時は、近隣の農家から牧草を。

北海道の特産・テンサイ、

砂糖が取れる大根的なもの、の

ビートパルプ(しぼりかす)も与える。

冬は牛もカロリー必要。

食べる物はしっかりといいものを。

お水は、周辺の山々に

降った雪や雨が地下を通り

おいしくなった伏流水。

ワイルドな牛乳

年中外で暮らし、

強靭に育つ山本牧場の乳牛。

得られる生乳は、

自牧場で加工している。

風味豊かな生乳の良さを

しっかりと味わえるよう、

低温殺菌で時間をかけて加工する。

そして、脂肪球の均一化をしない

ノンホモ牛乳。コクもたっぷり。

ガラス瓶に入れ、

養老牛放牧牛乳として販売する。

(養老牛は付近の地名)

その風味は、青草の生える時期と

生えない冬の時期で、異なる。

夏はすっきりめ、冬は濃いめ。

放っておくと生クリームができる。

混ぜて飲むもよし、混ぜずに飲んで

味の変化を楽しんでもOK。

生クリームをすくって

パンなどに塗っても美味しい。

お店

山本牧場内にはお店もある。

ミルクレームという名前で、

店舗はプレハブ。ぽつんとある。

メインはソフトクリーム。

自慢の放牧牛乳で作られる。

牛乳の美味しさを引き出した、

あっさりめで深みあるソフトクリーム。

冬でも土日は営業する。ワイルド。

百貨店などの催事にも

出店しているので、

facebookをチェックです。

行先は全国なので、

近くに来るかも。

定番の牛乳にソフトクリームの他、

その時々のメニューがある。

外部リンク

山本牧場

牧場の概要や牛乳の紹介

北海道乳業協会

協会会員の紹介など

日本乳業協会

牛乳・乳製品について色々

JAなかしべつ

地域農業や特産物の紹介

中標津町

自治体の公式サイト

なかしべつ観光協会

観光やイベントの情報

Google 検索

「中標津町 山本牧場WILDMILK」

Google マップ

「山本牧場WILDMILK」

名物一覧での現在地
北海道の名物畜産物酪農・乳製品道東

タグ: ,