旭川斉藤牧場

北海道の旭川市で、

山とともに酪農を行う牧場。

珍しい山間自然放牧で

山との共生関係を築く。

牛乳の加工も行っている。見学可。

名物一覧での現在地
北海道の名物畜産物酪農・乳製品道北

市町村紹介

北海道道北エリアの

旭川(あさひかわ)市。

道北の中心地として、

商業や加工業がとても盛ん。

農業や林業も活発。

観光名所も多い。

山で放牧

旭川市中心部から南に行った

神居町共栄にある牧場が、

斉藤牧場。

山を利用した山間放牧を行う。

戦後すぐに入植してきて

始まった牧場。

当初は険しい自然に立ち向かい、

開墾を行っていたが、

その自然と共生する道を選ぶ。

山に牛を放してみたところ、

牛自らが食べられる草を探し、

歩き回ってくれる。

放牧されることで、山の環境も変化、

次第に牛の生活場所としての

山へと順応してくれる。

牛の出すフンは、自然に

消化・循環され、草木を育てる。

山の生態系と放牧の

バランスをとるため、

木はある程度残し、

広さ130haに対し、育てる

牛は30頭ほどまで抑える。

牧場は見学もOK。

牛とともに歩き回り、

自然と酪農が作る風景を楽しめる。

牛乳

自然に育つ草がメインのため、

育てる乳牛の数が少なめ。

乳をいっぱい出してくれるような

配合飼料も与えていないので、

一頭あたりの乳量も少なめ。

季節の食べ物により、出される乳の

風味や脂肪分の変動もある。

元々そうゆうもんだし。

無理してバラつき抑えずに、

風味の違いも味わえばいい。

って感じ。

2004年には牛乳加工施設も完成。

牛が出してくれる乳の

風味やコクといった良さを

なるべく損なわないよう、

低温殺菌&ノンホモ加工で仕上げる。

旭山動物園など

道北各地で販売される。

提供店などの情報も

公式サイトに記載あるので、

ご覧あれ。

外部リンク

斉藤牧場

牧場の概要などを紹介

北海道乳業協会

協会会員の紹介など

日本乳業協会

牛乳・乳製品について色々

JAあさひかわ

地域農業や特産物の紹介

旭川市

自治体の公式サイト

旭川観光コンベンション協会

観光やイベントの情報

Google 検索

「旭川市 旭川斉藤牧場」

Google マップ

「旭川斉藤牧場」

名物一覧での現在地
北海道の名物畜産物酪農・乳製品道北

タグ: ,