上川の大豆

北海道北部の上川エリア。

水田からの転作により、

大豆もかなりの量を生産。

また、輪作による色彩豊かな畑は

観光資源にもなっている。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物豆類

上川エリアと大豆

北海道・道北・上川エリア。

北海道の北部にある縦長のエリア。

標津を中心とした北部、

旭川を中心とする中部、

富良野のある南部、といった感じ。

全体として農業が盛んで、

各地で気候に合わせた農作物が

作られている。

水田の占める割合が高いが、

お米余りの現状があるため、

転作される田んぼも多い。

その転作品種として栽培面積を

伸ばすのが小麦や大豆、ソバなど。

大豆の生産も盛ん。

上川エリア全体では、

6,000haの栽培面積があり、

15,000トンほどの生産量。

エリア別で道内3位となっている。

土地に栄養を与える反面、

連作障害の重い豆類。

しっかりとした栽培方針により、

量と質を安定させ、

大豆産地として知名度を伸ばしたい。

市町村別の生産量

<士別(しべつ)市>

上川北部の中心地。農業が盛ん。

羊のまちとして有名なところ。

大豆は1700haほどで育てられ、

4,600トンぐらいの生産量がある。

全道3位とかなりの規模。

水田からの転作で作付増加。

<剣淵(けんぶち)町>

士別市の南にある町。

絵本の里として色々活動を行う。

小さめの町だが大豆の作付が多く、

1,000haで3,000トンほどの生産量。

味噌や豆腐なども地元で作る。

<上富良野(かみふらの)町>

上川エリア南部の町。

600haで1,600トンほどの生産量。

色とりどりな畑の広がる風景が

観光資源にもなっている富良野。

大豆もその一つとして目を楽しませる。

他に、和寒町や旭川市、

名寄市、美瑛町などが

生産量1,000トン前後となっている。

外部リンク

JA北ひびき

上川北部の農協

JAふらの

上川南部の農協

豆類協会

豆について幅広く紹介

上川総合振興局

振興局の公式サイト

上川総合振興局/観光

観光やイベントの情報

Google 検索

「上川 大豆」

Google マップ

「上川エリア周辺」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物豆類

タグ: , , ,