十勝の小豆

小豆の生産で日本トップの十勝。

ほぼ一強といっていい生産量を誇り、

全国のお店へと出荷される。

品種改良にも積極的に取り組む。

特産としての活用にも期待。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物豆類

小豆

日本は、小豆の使い方が発達し、

世界でも有数の消費国となっている。

「あんこ」の原料として有名。

羊羹や赤飯などにも使われる。

他の豆類と同様、たんぱく質などの

栄養面にも優れている。

小豆の外皮は、

あずき色とも呼ばれる赤茶色で、

アントシアニンという成分が豊富。

ミネラル分もたっぷり。

その分、アクが強め。

しっかりアク抜きしてから使おう。

小豆と北海道

日本での小豆生産は、

面積32,000ha・生産量68,000トン。

そのうち、北海道が占めるのが

面積で8割・生産量で9割。

というわけで、ほとんどが北海道産。

連作障害が出やすく、

輪作で栽培するのが効果的。

輪作は大規模農業との相性が良く、

北海道での生産が多くなった。

十勝と小豆

小豆大国北海道の中でも、

群を抜いて生産量の多いところが、

道東・十勝エリア。

北海道全体で60,000トンに対し、

十勝だけで40,000トンを生産する。

北海道内の7割弱を生産する。

十勝での小豆栽培は、明治16年、

かの晩成社からスタートしたらしい。

小豆は気候の影響を受けやすく、

特に霜など寒さに弱い作物。

はじめは小豆一本槍の所も多く、

冷害などでの波が激しかった。

時代が進み、

小麦、ジャガイモ、テンサイと

大豆・小豆を組み合わせた

北海道型の輪作体系も確立。

地力をしっかり保つことで、

豊富な生産量を継続することに成功。

1980年代には、従来種に比べ

寒さに強く収穫量も多めという、

エリモショウズが登場・普及。

産地として出荷体制も充実させ、

国内トップ生産地としての

地位を築き揚げた。

品種改良

大産地として、生産だけでなく、

品種開発にも継続して取り組む。

十勝の農業試験場で生まれた

小豆の品種も多数ある。

同じグループにいる小豆でも

品種が違えば、加工するときの

微妙なクセも違ってくる。

新しい品種を作り、

生産しやすくするだけでなく、

加工業者からの需要を考え、

特徴の普及活動なども

重要なポイントとなる。

普通小豆

一般的な小豆。中納言とも。

煮ると皮が破れるタイプ。

北海道に占める割合は、

9割とかなり高い。

こしあんや羊羹などに使われる。

<エリモショウズ>

昭和46年、十勝生まれ。

寒さに強く、収穫量も多め、と

農家の希望に沿った品種。

一気に普及し、一時は独占状態に。

病気に弱めなため、

長いスパンでの輪作が必要。

現在も8,000トンほどが生産される

主力の小豆。

<きたのおとめ>

昭和57年、十勝生まれ。

エリモショウズの子ども世代。

病気に強めな品種となった。

現在は4,000トンほどが生産される。

<きたろまん>

平成18(2006)年ごろから。

こちらも十勝生まれ。

エリモショウズの後継&主力。

病気抵抗性や倒れにくさ、

収穫時期の早さなどが強み。

作付を伸ばしていて、

8,000トンとエリモショウズに並ぶ。

数年後にはトップ品種となりそう。

大納言小豆

粒が大きめな大豆、かつ、

煮ても川が破れない品種。

色艶よく見栄えも良い。風味も強め。

北海道小豆の1割が大納言。

皮も楽しむ甘納豆や粒あんなどに。

見た目や食感でもポイントなるため、

こしあんとセットになることが多い。

<アカネダイナゴン>

昭和35年、十勝生まれ。

しっかり大粒・収穫早めを目標に

品種の選抜が行われた。

北海道産大納言の主力となり、

一時は5,000トンも生産された。

現在は後継品種も出てきたため、

300トンぐらいの生産量となっている。

<とよみ大納言>

平成4(1992)年、十勝生まれ。

かなり大きく育つ小豆。

病気に強く、収穫量も多い。

登場から順調に作付を伸ばし、

現在の生産量は2,000トンほどと、

北海道産大納言の主力になった。

<ほまれ大納言>

平成20(2008)年、十勝生まれ。

病気に強めな品種。

新しい品種で作付はまだまだ。

農家・加工業者への普及により、

今後の生産が伸びるかも。

主要産地

北海道内の小豆生産において、

市町村別でトップ10は

全て十勝エリアが占めている。

<音更(おとふけ)町>

全道トップ&日本一。

栽培面積2,400ha、

生産量6,500トンを誇る。

小豆やアンコの販売も行っている。

<芽室(めむろ)町>

2,100haで6,000トンの生産量。

えだまめ・スイートコーンとともに

フリーズドライ商品のシリーズがある。

<帯広(おびひろ)市>

1,900haで5,500トンほどを生産。

他に、幕別町・更別村・

清水町(北海道)・士幌町・

本別町・豊頃町・池田町などが

生産地として挙げられる。

小豆を食べよう

十勝で生産された小豆は、

日本全国へと出荷され、

お菓子店や加工メーカーにより

色々な小豆製品に姿を変える。

有名どころでは、伊勢の赤福もち。

産地として、しっかり名物になって

色々なものが作られている、、、

わけではない。

あれ?あれれ?

地味だからなのか、

メインを張りにくいからなのか。

日本のトップを走る小豆産地として、

なんとか活用して頂きたいところ。

しっかりした消費が付いてきてこそ、

というのが重要だしなー。

地産地消に外からの需要。

十勝が観光地かっつーと、うーん。

でも、帯広はモール温泉たくさん、

山の方にも温泉あるし、

美味しいものもちろんたくさん、

お菓子メーカーも有名なのが多い。

これすげーってのはあんま無いけど、

のんびり観光にオススメだよ。

PR頑張ってくだされ。

いままで通りな使い方は大事。

日本独自な味として、あんこ重要。

抹茶と合うし、抹茶産地と

コラボしてみたらいいんでは?

牧場ソフトクリームも多いし、

トッピングに使ってもらいましょうや。

あんこは甘いってイメージあるし

ヘルシーなあんこ路線や、

健康面でも有能な小豆なので

健康食材として活用、

料理のトッピングとして

出しゃばらない程度の

小豆メニュー開発、とか。

まー、色々考えてはいるでしょうし、

実はあまり目立ってないだけかも。

十勝を訪れた際には、

小豆にも注目してみてくださいまし。

外部リンク

JAおとふけ

音更町の農協

JAめむろ

芽室町の農協

JA帯広かわにし

帯広市札内川西部の農協

JA帯広大正

帯広市札内川東部の農協

十勝総合振興局

振興局の公式サイト

とかち晴れ

観光やイベントの情報

Google 検索

「十勝 小豆」

Google マップ

「十勝エリア周辺」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物豆類

タグ: , , ,