十勝以外の小豆

小豆は北海道が9割を生産する。

アンコなど日本的なお菓子に

欠かせない存在。十勝の生産量が

群を抜くが、他のエリアでも生産。

多めな所をざっくりと紹介。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物豆類

日本と小豆と北海道

日本的なお菓子に欠かせないアンコ。

そのアンコの原料となる小豆。

あずき、しょうず、と呼ばれる。

日本での小豆生産の面積で8割、

生産量で9割を占めるのが北海道。

北海道内では十勝の一強状態で、

大体7割弱が十勝産。

目安として、北海道で6万トン、

うち十勝で4万トン、

他合わせて2万トン、といった感じ。

小豆といえば十勝!ではあるが、

他も結構な生産量があるので、

ざっくりと紹介。

各地で特産品として

活用して頂きたいところ。

エリア別

<オホーツクエリア>

南東部で生産が行われている。

大空町の1,300トンがトップ。

北見市、網走市、津別町が続く。

全体で4,500トンほどの生産量。

大規模輪作が盛んで相性はいいが、

小豆という品種が寒さに弱めなので、

生産量がぶれやすい。

オホーツク特化な新品種の登場に

期待がかかる。

<後志エリア>

札幌の西側のエリア。

倶知安町の1,700トンがトップ。

他に、真狩村、京極町、

留寿都村などが生産地。

全体で4,300トンほどが作られる。

観光も盛んなところなので、

小豆をつかった商品開発に期待。

<上川エリア>

旭川や富良野があるあたり。

美瑛町の1,200トンがトップ。

他に士別市、剣淵町、

上富良野町などで生産される。

全体で4,200トンぐらいの生産量。

水田からの転作で豆類の生産も

増加している。小豆の生産も

増えてくるかも。

<胆振エリア>

札幌の南側、苫小牧とかがある。

小豆は、安平町や厚真町、

洞爺湖町などで生産される。

全体だと3,000トン弱ほどの生産量。

外部リンク

ホクレンの豆

北海道の色々な豆を紹介

麦類・豆類・雑穀便覧

北海道の農作物データ

豆類協会

色々な豆の情報

北海道

道庁公式サイト

GoodDay北海道

観光やイベントの情報

Google 検索

「北海道 小豆」

Google マップ

「北海道付近」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物豆類

タグ: ,