斜里町のジャガイモ

北海道の東に位置する斜里町。

知床半島のオホーツク海側を占める。

南西部の平野では農業が盛んで、

ジャガイモの出荷量もかなり多い。

中心となるのはデンプン向けの品種。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ジャガイモ

知床のジャガイモ

北海道のほぼ東端にある

知床(しれとこ)半島。

世界自然遺産として有名。

その知床半島の北西側にあるのが、

斜里(しゃり)町。

知床半島での観光と

サケなどの漁業が盛んな町。

町の大部分を山地で占められるが、

南西部は斜里川を中心とした

斜里平野が広がっていて、

大規模な農業も盛んとなっている。

北海道といえば輪作農法。

オホーツクの場合、小麦、

砂糖の原料となるテンサイ、

そしてジャガイモ、の3つがメイン。

斜里町でも、この3つが

畑の大部分を占めている。

ジャガイモの生産量も多い。

面積は2,600haほどあり、

10万トンを超える量を出荷する。

規模でいえば、北海道で3位くらい。

メインとなるのは、ジャガイモから

デンプンを取り出すための品種で、

コナフブキが多くを占める。

デンプンは、片栗粉や糖類などに

加工され、食品を中心に

工業用にも使われている。

町のお土産の一つになっているのが、

知床産でんぷんだんご。

道東の郷土スイーツ。

デンプンを溶き金時豆の煮豆を

混ぜ込んである。素朴な甘さ。

冷凍真空パックになっているので、

あとは焼くだけで完成。

町にある道の駅やAコープなどで

販売されている。

デンプン用だけでなく、

ポテトチップ加工用の

焦げにくい品種も作っている。

料理に使われるジャガイモも、

男爵・メークイン・北あかり・紅じゃが・

インカのめざめ、などと色々栽培。

デンプン用に比べ、面積は小さいが、

知床のブランド力を活用し、

知名度を上げていきたいところ。

種芋まき、土を掘っての収穫など、

手間のかかるジャガイモ。

そのため、年々栽培面積が

減ってきている。輪作体系の

大きな柱となる品種であるため、

作業の手間をなるべく減らし、

斜里の地に合った品種選びなど、

ジャガイモ生産の継続が出来るよう

色々な活動が行われている。

外部リンク

JA斜里町

地域農業や特産品の紹介

斜里町

自治体の公式サイト

斜里町観光協会

観光やイベントの情報

Google 検索

「斜里町 ジャガイモ」

Google マップ

「斜里町」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ジャガイモ

タグ: ,