清里町のジャガイモ

北海道東部にある清里町。

オホーツク海に近い内陸の町。

斜里岳のふもとの広い平野部で

ジャガイモなど多くの農産物を作る。

じゃがいも焼酎の発祥地でもある。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ジャガイモ

清里町と農業

北海道北東のオホーツクエリア。

その南東、北海道全体でいえば

かなり東にある清里(きよさと)町。

オホーツク海に近い内陸の町。

南側は山地が広がり、

南東には斜里岳・標津岳がそびえる。

北側には斜里平野が広がっていて、

大規模な農業が行われている。

周辺と同様に大規模輪作が行われ、

小麦・テンサイ(砂糖の原料)・

ジャガイモの3つが中心となっている。

タマネギの栽培面積も広い。

他にナガイモ・ダイコン・ゴボウ・

スイートコーン・ソバ・大豆・小豆・

などが生産されている。

乳牛を飼う酪農も行われている。

へー、なところだと、

栃木向けのイチゴの苗生産も行う。

清里とジャガイモ

清里町で作られるジャガイモは、

豊富に含まれるデンプンを取り出し、

デンプン粉として出荷するための

ジャガイモが大部分を占める。

品種はコナフブキなど。

栽培面積は2,200haほどで、

出荷量は9万トンほどにもなる。

北海道内でもかなり上位、

市町村別で4・5・6位のグループ。

町にはデンプン加工工場もあり、

秋にはたくさんのジャガイモが

デンプン粉に姿を変える。

清里町から全国に出荷され、

片栗粉や糖化製品、工業向けなど

多くの場面で使われている。

ジャガイモの焼酎

清里のジャガイモで有名なのが、

じゃがいも焼酎。

その名の通りジャガイモで作る焼酎。

ジャガイモを原料としたお酒は、

ロシアや東欧を中心に作られる。

有名どころだと、ロシアのウォッカや

ポーランドのスピリタスなど。

日本では、ジャガイモを使ったお酒

というものが造られていなかったが、

1975年に清里焼酎醸造所が

日本で初めて製品化した。

清里町で作られるデンプンが豊富な

ジャガイモは、デンプンを発酵により

アルコールへと変える焼酎造りにも

マッチしている。

町の南東にある斜里岳から流れる

キレイなお水も重要な原料。

工場見学も受け入れているので、

道東オホーツク観光の際には

行ってみるのもいいかも。

外部リンク

JA清里町

地域農業や特産物の紹介

清里焼酎醸造所

作り方の紹介や通販など

清里町

自治体の公式サイト

きよさと観光協会

観光やイベントの情報

Google 検索

「清里町 ジャガイモ」

Google マップ

「清里町」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ジャガイモ

タグ: ,