大空町のジャガイモ

北海道の東にある大空町。

オホーツクエリアの南東に位置、

広い平野部での農業が盛ん。

ジャガイモの生産もなかなか多く、

ポテトチップ用として活躍している。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ジャガイモ

大空町と農業

北海道北東部、オホーツクエリアの

南東部にある大空(おおぞら)町

網走市の南に位置する内陸の町で、

女満別空港がある所として有名。

オホーツクエリアの南東部は、

ひらけた土地を利用した

大規模な農業が盛んで、

大空町もまた農業が盛んなところ。

町域は平野部が多く、農地の割合も

約半分程とかなりの高さ。

小麦や砂糖の原料・テンサイ、

ジャガイモ、豆類を中心とした

輪作での農業が行われている。

ベースとなる作物だけでなく、

タマネギやカボチャ、ブロッコリーに

ナガイモなどの野菜、

お花やモチ米など、

他の作物も色々育てている。

空港があるので、首都圏など

大きい市場に輸送しやすいのも

大きな武器となっている。

田畑で収穫できるものだけでなく、

肉牛生産に乳牛の酪農、

さらに乳製品加工も行われる。

ひがしもこと乳酪館

広い空、たくさんのジャガイモ

大空町でもジャガイモは

たくさん栽培・収穫されている。

輪作のため年による変動もあるが、

だいたい2,000haほどの畑から

8万トン弱のジャガイモを出荷する。

北海道内でも市町村別で8位前後と

なかなか上位の産地。

品種的には、オホーツクだけに、

デンプン加工用ジャガイモが多い、

と思いきや、

ポテトチップの原料となる

加工用ジャガイモ生産が多い。

女満別地区のジャガイモ畑の

半分以上は加工用ジャガイモ。

トヨシロやスノーデンといった

品種のジャガイモが育てられる。

焦げ目が付きにくいのが特徴。

収穫後にはカルビーの

ポテトチップスに加工され、

全国へと出荷される。

また、男爵イモやスノーマーチ、

ゆきつぶら、さやか、といった

調理向けの品種も育てられている。

コナフブキを中心とした

デンプン加工用のジャガイモは、

オホーツクエリアにしては少なめ。

大空の花々

花の町としても知られる大空町。

5月中旬からピンクの絨毯を作る

東藻琴の芝桜は有名。

同時期にイベントも開催される。

種まきの時期を変え、

花の咲く時期を長くしたヒマワリも

大空町の名物の一つ。

時期的には、8月上旬から

10月ごろまで楽しめる。

そして、ジャガイモの花もまた名物。

色々な品種のジャガイモが育つ

大空町では、咲く花の色も様々。

赤紫、白めな紫、青紫など、

畑により違った顔を見せてくれる。

広い畑に機械で種芋をまくので、

花の咲き並ぶ様も整然とし壮観。

快晴の青空とセットで見たい。

時期は6月から7月くらい。

外部リンク

JAめまんべつ

地域農業や特産物の紹介

JAオホーツク網走

地域農業や特産物の紹介

大空町

自治体の公式サイト

めまんべつ観光協会

観光やイベントの情報

Google 検索

「大空町 ジャガイモ」

Google マップ

「大空町」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ジャガイモ

タグ: ,