幕別町のジャガイモ

北海道・十勝の幕別町。

ナウマンゾウとパークゴルフが有名。

農業がとても盛んな所で、

ジャガイモもたくさん作られる。

濃い味の「インカのめざめ」が自慢。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ジャガイモ

町の紹介

幕別(まくべつ)町。

北海道・十勝エリアにある内陸の町

帯広市の東に位置、南北に長い町。

形的には細めのクジラみたいな感じ。

十勝平野にあり、町の大部分が

平野や低い丘陵地帯となっている。

そのなだらかな土地を活かした

農作物生産や酪農・畜産が盛ん。

町の北部は帯広市と隣接し、

ベッドタウンとしても顔も持つ。

ナウマンゾウの発見されたところ。

パークゴルフはここが発祥地。

インゲン豆の中でも人気の

大正金時が発見された場所でもある。

幕別とジャガイモ

農業が盛んで、色々な作物の

育てられている幕別町。

ざっと挙げると、

つるんとした長いも・和稔じょ、

一般的な長いも、ニンジン、ダイコン、

ゴボウ、タマネギ、ニラ、

キャベツ、レタス、ハクサイ、

小麦、ソバ、大豆、小豆、テンサイ、

グリーンアスパラ、などなど。

ジャガイモもたくさん作られる。

作付面積は2,000ha以上、

出荷量も8万トン近くあり、

北海道内でも7番目くらいの規模。

青果向けの品種「インカのめざめ」の

産地として有名な幕別町。

「インカのめざめ」は、ジャガイモの

原産地である南米アンデスの

在来種を、日本でも育てられるよう

品種改良を行い、出来た品種。

一般的なジャガイモと比べ、

収量は少なめで病気にも弱め。

そのかわり、強い香りと甘さ、

黄色の強い果肉、滑らかな食感、

というパンチのある品種。

他とは違うよ、が出しやすい。

上手に保存することで、デンプンが

糖分へと変化し、甘さが強まる。

芽室町では、品種として

出始めのころから栽培に取り組み、

栽培や保存のノウハウを蓄積。

現在では、北海道一の栽培面積。

食べておいしいだけでなく、

ジャガイモ焼酎も作られている。

ナウマンゾウだのインカだのと、

なんだか古代的なものに

縁のある町、幕別町。

「インカのめざめ」の他にも色々。

「とうや」。

害虫のシストセンチュウに

抵抗性を持たせた新世代型。

男爵イモ的な丸い形、

凸凹は控えめで調理しやすい。

幕別の気候に合わせ

栽培・収穫の方法を調整し、

その栽培面積を伸ばす。

「さやか」

こちらも新しめな品種。果肉は白い。

大粒で収穫量が多めなジャガイモ。

凹みが浅く皮むき・準備がラク。

蒸しいも、ポテトサラダ、煮物に向く。

幕別町産のものは、ポテトサラダの

原料として日本各地で活躍する。

「シンシア」

栽培する所の少ない珍しい品種。

フランスからやってきた。

形は楕円形・俵型、果肉は少し黄色。

煮崩れや調理後の変色も少なく、

料理向きなジャガイモ。

有名どころの男爵イモや

メークインといった品種も作られる。

幕別のとある農場

幕別町にある折笠農場では、

無肥料無農薬での作物生産に挑戦。

70haとすんごい広大な農地の

1/3で無肥料無農薬栽培を行う。

ジャガイモやトウモロコシ、豆類など

色々な品種を育て、地力を回復する

緑肥も組み合わせている。

それらでローテーションを組むことで、

自然に近い形で元気に育った

作物を得ることに成功している。

秋の収穫時期には、ジャガイモの

イモ堀り体験も受け入れている。

夏の農業体験やトマト・枝豆の

収穫体験もあるらしい。

イベント

秋に開催の「まくべつ産業まつり」。

だいたい10月ぐらい。

秋の収穫を食べて楽しむイベント。

幕別町産の野菜直売や売店、

幕別産和牛肉の試食販売など色々。

女子によるカボチャ投げなんてのも。

収穫時期なので、ジャガイモも

活躍しているんじゃなかろーか。

外部リンク

JA幕別町

地域農業や特産物の紹介

幕別町

自治体の公式サイト

幕別町観光物産協会

観光やイベントの情報

Google 検索

「幕別町 ジャガイモ」

Google マップ

「幕別町」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ジャガイモ

タグ: ,