更別村のジャガイモ

北海道・十勝の更別村。

十勝平野の南側にあり、

大規模な農業が盛んな所。

ジャガイモの生産量もなかなか多い。

村にはデンプン加工工場もある。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ジャガイモ

村の紹介

更別(さらべつ)村。

北海道の道東・十勝エリアにある村。

帯広市の南、中札内村の東。

海・北太平洋にも結構近い。

十勝平野の南側に位置し、

村の大半が平野や丘陵となっている。

大規模経営で行われる農業が

とても盛んなところで、

農家一戸あたりの経営面積は

十勝でもトップとなっている。

得られる産物は、小麦・テンサイ・

ジャガイモ・豆類・スイートコーン・

キャベツ・ハクサイ・アスパラガス・

牛乳・牛肉、と種類も豊富。

人口はだいたい3,300人くらいで、

堅調に推移している。

更別のジャガイモ

更別で行われる大規模農業。

十勝平野らしく輪作がメイン。

柱となる品種は、小麦・テンサイ・

ジャガイモ・豆類、の4つ。

ジャガイモは、

作付面積が1,900haほどあり、

出荷量は70,000トンほど。

年による変動はあるが、

北海道内では10番目くらいの規模。

育てられる品種は、料理向け・

加工食品向け・デンプン加工向け、と

幅広く育てられている。

さらべつメークイン

更別村で育てられるジャガイモ、

その中でもイチオシが、メークイン。

楕円形をしたのっぺりフェイス、

煮崩れに強くシチューやカレー、

煮物にオススメのジャガイモ。

涼しく冷たいくらいの気候を好み、

ふんわりとした土壌と合わせ、

更別村にマッチした品種。

温度差により美味しさもアップ。

食べ応えもあり人気のジャガイモ。

兵庫県の神戸市を中心に活動する

「コープこうべ」とは古い付き合い。

出荷を始めてから40年以上。

秋の収穫期から春にかけて

ロングラン出荷される。

ほかに、関東エリア・中京エリア・

中国エリアにも出荷される。

デンプン加工工場

ジャガイモ産地・更別村には、

デンプン加工工場もある。

それが、神野でんぷん工場。

昭和22年創業とかなりのベテラン。

ジャガイモからデンプンを取り出す、

そのやり方・工程も色々ある。

神野でんぷん工場では、

昔ながらのやり方を選択。

デンプン成分が自然に沈むのを待ち、

じっくり低温で長時間かけて乾燥。

そして出来る片栗粉が、

「つぶつぶでんぷん」。

その名のとおり、粒々感のある、

大粒なデンプン粉となっている。

一般的な片栗粉とは、ちょっと違う。

よくわかんないけど、いいらしい。

料理で使い比べすると分かるかも。

村の特産品の一つにもなっている。

イベント

更別村の秋イベント、

「さらべつ大収穫祭」。

10月後半に開催される。

イベントといえば大鍋料理。

名物のさらべつ和牛を使った

ジャンボなほうとう鍋などが

作られ、振る舞われる。

ステーキも食べられる。

ご当地バーガーやスイーツも登場。

秋に採れる色々な農産物の販売も。

メインにはなっていないが、

旬のジャガイモも活躍しているはず。

ステーキの付け合わせに

大ぶりのフレンチフライ、

サワークリーム添えなんて

旨そうだけどな~。あるかも。

ふわふわスライダーや

よさこい発表、ミニトラクターなど

楽しめるポイントも色々用意。

食べて楽しんで冬に備えましょー。

外部リンク

JAさらべつ

地域農業や特産物の紹介

更別村

自治体の公式サイト

更別村の観光情報

観光やイベントの情報

Google 検索

「更別村 ジャガイモ」

Google マップ

「更別村」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ジャガイモ

タグ: ,