羊蹄山周辺のジャガイモ

北海道西部の後志エリア。

シンボルは、形も見事な羊蹄山。

その周辺はジャガイモ生産が盛ん。

火山性土壌と良い水が栽培にマッチ、

男爵イモを中心にたくさん作られる。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ジャガイモ

エリア紹介

後志(しりべし)エリア

札幌市の西側にある地域。

東西に長いエリアで、

東の小樽市から西は島牧村まで。

北部日本海に面していて、

広い海での漁業も盛ん。

ホッケが有名。

積丹半島があるのも後志エリア。

かなり山がちな地域で、

羊蹄山やニセコアンヌプリをはじめ、

有名な山々が連なっている。

山が多いが、川沿いなど

農業に使えるところも各地にあり、

大消費地・札幌にも近いので、

色々な作物が作られている。

中でも名物なのが、ジャガイモ。

後志のジャガイモ

後志エリアはジャガイモ産地として

なかなかの存在。

作付面積は4,000haほどあり、

出荷量は110,000トンにもなる。

道内エリア別では3番目。

(上はオホーツク・十勝が二強で

 70万・60万トンと飛び抜けている)

作られるジャガイモの種類は、

ほぼすべてが生食向け。

家庭やお店で料理に使うタイプ。

スーパーなどに並ぶことも多いので、

地名が書かれた段ボールを

目にする機会も多いかも。

産地としては、エリアのシンボル、

羊蹄山の周辺で生産が多い。

山の周辺は盆地や川沿いを中心に

かなり農地化が行われている。

Googleマップだと分かりやすい。

主なところで、倶知安町、京極町、

真狩村、留寿都村、ニセコ町など。

山々からのきれいなお水、

内陸の昼夜温度差により、

美味しいジャガイモに育つ。

夏には各地の広いジャガイモ畑に

花が咲き、その光景は

観光名物の一つになっている。

秋に収穫されたジャガイモは、

広域農協「JAようてい」により

ようていブランドとして出荷される。

市町村別

倶知安町 32,000トン

 →倶知安町のジャガイモ

京極町 21,000トン

真狩村 14,000トン

留寿都村 13,500トン

喜茂別町 8,800トン

ニセコ町 8,500トン

共和町 5,900トン といった感じ。

京極町のジャガイモ

羊蹄山の東側にある町が、

京極(きょうごく)町。

西は倶知安町、南に喜茂別村。

京極町もジャガイモの生産が多め。

作付面積は700ha弱で、

20,000トンほどを出荷する。

後志エリアでは倶知安に次ぐ規模。

十勝オホーツク以外だと3番、

道内では23番目くらいな感じ。

主力となるのは、男爵イモ。

おいしい湧水の町として有名。

町にある「ふきだし公園」は

一日あたり8万トンもの湧水が自慢。

羊蹄山を中心に大量に降る雪が

時間をかけて湧水となる。

良い水は良い作物を育てる。

羊蹄山のおいしい水で育つんだから

ジャガイモも美味しい。たぶん。

自慢の湧水で作ったコーヒーなども

特産品となっているので、

ジャガイモ片手にコーヒータイムが

京極スタイル、かも。お茶もいい。

フレンチフライやポテトパンケーキ、

あげいも、なんかが合うっぽい。

お水あるしスープ作るなら

ヴィシソワーズもオシャレ。

真狩村・留寿都村のジャガイモ

羊蹄山の南側にあり、

洞爺湖との間にエリアにあるのが、

真狩(まっかり)村と

留寿都(るすつ)村。

どちらも500ha弱の作付面積があり、

14,000トンほどを出荷する。

道内だと27番くらいな位置。

料理用として出回るので、

順位以上の知名度はありそう。

男爵イモやキタアカリなどを作る。

1972年に、日本で初めて

ジャガイモシストセンチュウが

確認されたのが、真狩村。

調べたら留寿都村にもいた。

ペルーから輸入した肥料に

紛れて日本にやってきてたらしい。

根絶は非常に難しい害虫だが、

抵抗性のある品種の開発も

各地の試験場で行われている。

喜茂別町のジャガイモ

喜茂別(きもべつ)町も

羊蹄山の東側にある町で、

お水と土質の良さから

良質のジャガイモを生産。

生産量は9,000トン弱で、

男爵イモやキタアカリを作る。

隣の札幌市へとつながる峠道、

中山峠の名物が「あげいも」。

男爵イモを皮むき・塩ゆでし、

特製の生地をまぶしてから、

串に刺して油で揚げたもの。

アメリカンドッグ的なジャガイモ料理。

かなりのボリューム感を持つ。

今では道内各地に広まっているが、

発祥は喜茂別・中山峠。

家庭だとホットケーキミックスで

作れちゃう。

ニセコ町・共和町のジャガイモ

羊蹄山の南西にあるのがニセコ町。

リゾート地ニセコの中心地。

ちなみに町名はニセコアンヌプリから。

こちらもなかなのジャガイモ産地。

8,500トンほどが生産される。

やっぱりお水と火山のふもとの

土壌がジャガイモ生産にマッチし、

おいしいジャガイモが育ってくれる。

スキーと温泉が名物だが、

体を温めるジャガイモ料理も

冬のバカンスには欠かせない。

羊蹄山の北西にある共和町。

川沿いを中心に農地が広く、

たくさんの農産物が自慢の町。

日本海にもかなり近い。

スイカやメロンの「らいでんブランド」が

有名だが、ジャガイモもその一員。

生産量は6,000トン弱。

らいでんグルメにボリューム感を

与えてくれる地味に頼れる存在。

グルメ

羊蹄山周辺の名物として、

地域グルメもやっている。

「ニセコ羊蹄コロッケ定食」。

地元産ジャガイモを手作りの

コロッケにし、それを中心とした

定食を提供する、というもの。

単品提供になりがちなコロッケを

地元産の食べ物とセットにしてみた。

お店によってメニューも色々。

ボリューム感もたっぷり。

夏の観光や冬のスキー・スノボなど

動き回ることも多いはず。

よく動き、よく食べ、また楽しむ、

そのためのコロッケ定食。

外部リンク

JAようてい

黒松内町、蘭越町、ニセコ町、

真狩村、留寿都村、喜茂別町、

京極町、倶知安町の広域JA

京極町

自治体の公式サイト

町サイトの観光・イベントページ

観光やイベントの情報

真狩村

自治体の公式サイト

村サイトの観光ガイド

観光やイベントの情報

留寿都村

自治体の公式サイト

留寿都村観光協会

観光やイベントの情報

喜茂別町

自治体の公式サイト

きもべつ観光協会

観光やイベントの情報

ニセコ町

自治体の公式サイト

ニセコリゾート観光協会

観光やイベントの情報

共和町

自治体の公式サイト

観光情報/共和町

観光やイベントの情報

Google 検索

「羊蹄山 じゃがいも」

Google マップ

「羊蹄山周辺」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ジャガイモ

タグ: , , , , , ,