洞爺湖町のジャガイモ

北海道の人気観光地・洞爺湖。

札幌の南側、胆振エリアにある。

湖の北東側にある洞爺湖町は、

海の幸・山の幸ともに豊富な所。

ジャガイモ生産では胆振のトップ。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ジャガイモ

町の紹介

洞爺湖(とうやこ)町。

北海道・道央・胆振エリアにある町。

その名の通り、洞爺湖沿いにある。

湖の北東側半分を占める感じ。

洞爺湖町の対岸は壮瞥町。

町の西側は噴火湾にも面する。

過ごしやすい気候の場所。

洞爺湖や有珠山などの観光資源、

火山地帯といえばの温泉、

海から山からの食べ物、と色々豊富。

というわけで、北海道を代表する

観光地として知られている。

農業では、キャベツ・レタス・

セルリー・ピーマン・ブロッコリー・

トマト・お米・豆類・ジャガイモ・

ナガイモ・テンサイなどを作る。

内浦湾ではホタテの養殖が盛ん。

海産物の加工も行っている。

洞爺湖町とジャガイモ

色々な農作物が収穫されるが、

ジャガイモは生産量も多く、

町の名産の一つになっている。

洞爺湖町からは、年間で

6,500トン前後が出荷される。

元々の町の面積も大きくなく、

山の占める割合も多いながら、

作付面積は200haほどもある。

この生産規模は、洞爺湖町のある

胆振エリアでは、一番の規模。

胆振エリア全体での出荷量は、

13,000トンほど。

洞爺湖町が半分ほどを占め、

お隣の伊達市:2,000トン、

エリア東の厚真町・むかわ町が

2,900トン・1,500トン、と続く。

洞爺湖町では、料理・一般向けや、

食品加工に向く品種がメイン。

主なところで、

「男爵イモ」や「とうや」といった

品種のジャガイモが育てられる。

火山とジャガイモ

洞爺湖・有珠山の周辺は

現役バリバリの活火山エリア。

かなり昔から元気で、

幾度も噴火をしてきた。

その噴火によって出た火山灰が

現在の土壌の一部となっている。

火山灰質の土壌は基本的に

肥沃ではないことが多い。

それは、多くの火山灰が酸性だから、

らしい。よくわからんが。

一方、洞爺湖周辺の火山灰は、

アルカリ性のため良い感じ、らしい。

これまたよくわからんけども。

また、火山灰質の土壌は、

土の中での空間が多く、

水はけがスムーズなのも特徴。

土の中で成長し、カビなどの

病気にも弱いジャガイモは、

水はけの良い土壌が合う。

アンデスの高地生まれなジャガイモは

暑いよりも涼しい場所を好む。

穏やかとはいえ、洞爺湖周辺も

北海道なので涼しめな気候。

水はけがよく栄養もある土壌、

そして北海道の涼しい気候、と

ジャガイモ生産に向いた町が

洞爺湖町なのでござーます。

葉物やトマトなどに比べ

華は少ないが、しっかりとした

生産量で洞爺湖町農業の土台と

なっている。

観光に訪れた際には、

名所めぐりに加えて、季節の

グルメも楽しんでおきましょう。

洞爺湖なジャガイモ「とうや」

洞爺湖、ジャガイモ、と聞いて

「とうや」が思い浮かぶ人は

なかなかのジャガイモ好き。かも。

この名は洞爺湖から付けられた。

昭和の終わりごろに出来た品種で、

道南・道央にかけて栽培が

伸びてくれることを期待し、

付けられた名前らしい。

以下、「とうや」のざっくり紹介。

早く収穫できる(早生)。

大粒に育ちやすい。

天敵のジャガイモシストセンチュウに

抵抗性を持たせてある。

ジャガイモ疫病には弱い。

日光を浴びた時の毒性が強い。

果肉は黄色っぽい。

形は丸め。

表面の凸凹が小さく、皮むきがラク。

皮をむいた後の変色も少ない。

ややねっとりめ・滑らかな食感で、

クセはかなり少ない方。

煮崩れにもなかなか強い。

見た目はごつくない男爵イモ、

食味や使い方はメークイン的、なイモ。

煮物にしてみたり、スライスタイプの

ポテトサラダにしてみると良い。

下ごしらえのしやすさや変色に

強いことから、食品加工にも向く。

ポテトチップやフライ、コロッケには

あまり向かないが、出来なくもない。

道南・道央を中心に、

北海道各地で育てられていて、

徐々に栽培面積を増やしている。

センチュウの繁殖してしまった畑でも

育てられるのがやっぱり強み。

果肉の色と男爵イモの爵から、

「黄爵」の名で販売するところもある。

保存でパワーアップ

冬に降る雪を利用した保存方法、

雪中貯蔵。

北海道各地で行われていて、

ブランド化の助けにもなっている。

ジャガイモは低温状態で保存されると

豊富なデンプンが糖分に変化し、

甘味の増した状態となるので、

雪中貯蔵が向いた農作物。

洞爺湖町でも雪蔵野菜貯蔵施設を

持ち、ジャガイモの保存に利用。

雪の下に埋めるタイプではなく、

雪を貯める倉庫に隣接した倉庫に

作物を保管、温度管理に利用する。

雪の冷たさを利用して保存された

ジャガイモは「雪蔵物語」シリーズの

第一弾として始まり、

「雪蔵じゃがいも」の名前で

2月から6月ごろにかけて販売される。

ジャガイモの他、ダイコン、ニンジン、

ナガイモ、ゴボウ、と保存に向く

根菜類を中心に雪蔵シリーズを展開。

ついでに、

地域の特産・資源である温泉も

農業に活用。ハウス栽培での

温泉熱利用で、ホウレンソウや

コマツナなどを栽培し、

さらに冬の冷気にさらした

寒締め野菜の生産も行っている。

グルメ

しっかり低温保存されて

甘味たっぷりの雪蔵じゃがいも。

地元グルメにも使われる。

洞爺湖周辺の自然の中で育った

「とうや湖あか毛和牛」と合体。

それが、

「雪蔵とうや

   あか毛和牛サンドコロッケ」。

名前が長い。

あか毛牛のお肉をしぐれ煮にし、

茹でてつぶしたジャガイモで挟み、

油でサクッと揚げたコロッケ。

ジャガイモのホクホク感と

あか牛の旨みがマッチした料理。

町内の複数のお店で提供される。

外部リンク

JAとうや湖

地域農業や特産物の紹介

洞爺湖町

自治体の公式サイト

洞爺湖温泉観光協会

観光やイベントの情報

Google 検索

「洞爺湖町 じゃがいも」

Google マップ

「洞爺湖町」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ジャガイモ

タグ: ,