恵庭市のジャガイモ

北海道の道央にある恵庭市。

札幌の南にあり、ベッドタウン、

加工工場たくさん、農業も盛ん、な所。

ジャガイモの生産もなかなか多い。

農作物の研究施設も置かれている。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ジャガイモ

市の紹介

恵庭(えにわ)市

北海道・道央・石狩エリア、

札幌市の南にある内陸の市。

千歳市の北にあり、

新千歳空港からも近い。

市の中央から西部は山が広がり、

東部に市街地と農地が集まる。

札幌市のベッドタウンとしても発展。

石狩平野の南端にあり、

昔から稲作などの農業が盛ん。

現在は、札幌市に隣接という

地の利を活かした近郊型の農業が

中心となってきている。

種類豊富・いろどり鮮やか、な感じ。

恵庭市で作られている農産物は、

お米・小麦・豆類・テンサイ

ジャガイモ・カボチャ・ニンジン・

ダイコン・レタス・ホウレンソウ・

ネギ・ピーマン・トマト・お花、など。

観光で札幌を訪れ、

北海道らしい農業地帯を

見るのに良い立地で

観光農場や体験系の所も多い。

立地の良さから

食品メーカーなどの工場も多い。

石狩のジャガイモ

北海道を代表する野菜・ジャガイモ。

石狩エリアでも育てられている。

全体で17,000トンほどを出荷する。

エリア2強のオホーツクと十勝が

70万トン・60万トンと凄まじく、

量では比較にならないが、

料理用をメインに出荷されるので

スーパーなどで地名を目にすることも

多いかもしれない。

主な産地と出荷量は、

恵庭市 6,300トン

石狩市 3,700トン

江別市 2,400トン

千歳市 2,000トン

北広島市 1,500トン

当別町 1,200トン

といった感じ。

石狩 恵庭 ジャガイモ

ジャガイモはダイコンと

生産量トップを競う農産物。

年にもよるが200haほどで栽培。

地味なジャガイモは

葉物やトマトなどの陰に隠れ

あまり目立ったPRはされない。

近郊型のジャガイモ。うーん。

有名な男爵イモやメークインを始め、

料理用や加工向けなど色々な

種類のあるジャガイモだし、

色んなジャガイモ育てて

作る料理により使い分け

食感や味、香りの違いを

楽しむのもいいかも。

夏の終わりから始まる収穫期には

直売所での販売も行われる。

イモ掘り体験可能な農場もあるかも。

札幌周辺の観光に来て、

農村地帯も見に行くことも

多いと思われるが、

基本的に人んちの畑には

侵入しないようにしましょう。

一般の人が外部から

畑に入ると病害虫の運び屋と

なってしまうかも。

病気や害虫に弱いジャガイモ。

特にセンチュウの勢力拡大は

死活問題となるので。

恵庭とエニワ

昭和の名ジャガイモ・エニワ。

品種の開発が行われたのが

恵庭の近くだったため、

その名が付いた。

デンプン加工向けの品種で、

腐ってしまうような病気に強く、

また湿度の高い場所でも

育てられるという利点があった。

昭和40年代には9,000ha近くまで

作付面積を伸ばしたが、

新品種の登場により作付は減少、

現在は全道でも100haほど。

今でも、十勝エリアの沿岸など、

湿度の高めな所で栽培されている。

エニワから次の品種も生まれている。

「トヨシロ」はエニワが親品種。

トヨシロは日本で初めての

食品加工向け品種。

凸凹が小さめで皮むきしやすく、

油で揚げても色が良い感じ。

ポテトチップやスナック向け品種の

中心的な存在となっている。

恵庭で研究

恵庭市には「恵庭研究農場」もある。

道内にいくつかある研究施設の一つ。

ジャガイモやトウモロコシ、

ブロッコリーなどの栽培や

品種改良とかについて

色々やっているっぽい。

将来的に、北海道の名物となる

品種もココで誕生するかも。

外部リンク

JA道央

広域農協 地域農業や特産物の紹介

恵庭市

自治体の公式サイト

恵庭観光協会

観光やイベントの情報

Google 検索

「恵庭市 じゃがいも」

Google マップ

「恵庭市」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ジャガイモ

タグ: ,