訓子府町のタマネギ

北海道の東部にある訓子府町は、

国内2位ぐらいのタマネギ生産量。

となりに広がる北見市と共に、

オホーツクの大タマネギ産地を形成、

秋冬を中心に日本全国へと出荷する。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類タマネギ

市町村紹介

訓子府(くんねっぷ)町

北海道・道東・オホーツクエリアの町。

横長なエリアの南の方にあり、

北海道全体でいえばかなり東。

北には北見市がある。

内陸で盆地のため、

日中も年間も寒暖差が大きい。

大雪山系から流れる常呂川を中心に

北見盆地が広がっていて、

その土地を利用した農業が盛ん。

耕作エリアは北見市へとつながる。

訓子府メロンが有名。

他にもタマネギ、小麦、ジャガイモ、

テンサイ、もち米、など

北海道らしい農作物が作られる。

酪農も行われている。

訓子府のタマネギ

メロンが有名な訓子府だが、

タマネギの生産もすごい。

だいたい7万トンを生産する。

市町村別で国内2位グループ。

上川南部の富良野市も

同じぐらいの生産量。

ちなみにトップの北見市は15万トン。

訓子府町&富良野市<北見市。

まあ北海道一の広さの市ですし。

一帯は日照時間が長めの地域。

夏にかけて成長するタイプの

北海道のタマネギは、

日光をたっぷり浴びてよく育つ。

内陸の盆地の特徴である

日中の寒暖差も大きいため、

美味しいタマネギに育ってくれる。

雨が少ないという点も

タマネギ栽培にも適している。

いろいろやって栽培

地理的な要因だけでは、

ここまでの生産量は保てない。

連作になりがちなタマネギ栽培。

堆肥投入などでしっかりと畑に

栄養を補給し、土壌の健康度を維持。

大型機械もしっかり導入し、

地域での共同利用と作業により

大量のタマネギをスムーズに収穫。

訓子府町内だけでも

1,200ha以上のタマネギ畑があり、

効率的な作業が良いタマネギを

良い状態で出荷するためには重要。

秋冬のタマネギがメインだが、

早出し品種の導入も行い、

8月下旬から出荷が行われている。

時期をずらすことで作業の集中を

防ぐことができ、消費者の

広ーいニーズにも対応する。

病気や害虫との戦い

減農薬や有機での栽培にも

継続して取り組む。

北海道ではタマネギ栽培が

気温の高めな時期にあたるため、

防虫や除草などの散布回数が

多くなってしまう傾向にある。

安全志向の強まりやニーズ、

環境への配慮、差別化、

などなど色々ございまして、

訓子府町では減農薬研究会を設立。

健康な土壌を育て維持し、

病気や害虫に強い作物を育てる。

栽培のスタート時期を見極め、

病気などにかかりやすい状況を

避けるような工夫も行われる。

日々の巡回チェックも大事。

畑でぐんぐん伸びる雑草。

隙を狙う病気や害虫たち。

かなりの手間がかかり、

裁判面積は70haほど。

対応力向上・知名度向上なども併せ、

うまいこと継続していけるよう

がんばってほしいもんです。

キャラクター・グルメ・イベント

タマネギ関連は特に無し。

なんか作ってもいいじゃん。

特に無しで終わるのもアレなので。

地元グルメは

訓子府たれカツ丼が人気。

醤油ベースのタレを

さくさくのカツにかけるタイプで、

一般的な卵とじとは大きく違う。

PRキャラクターは、

たれカツ乙女くるねちゃん。

カントリーサインは、

名物のメロンをモチーフに。

道路沿いでチェックしよう。

広い芝桜が初夏に見頃で、

芝桜まつり in くんねっぷが

5月末くらいに開催される。

7月あたまぐらいに、

くんねっぷふるさとまつりも開催。

夏が来るぞー!なイベント。

タマネギもなー。

単体だと難しいかもだが、

使い勝手は良い食材なので、

グルメ開発やイベント参加に期待。

外部リンク

JAきたみらい

特産品や地域農業の紹介

訓子府町

自治体公式サイト 観光情報も

Google 検索

「訓子府町 タマネギ」

Google マップ

「訓子府町」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類タマネギ

タグ: ,