オホーツクエリアのタマネギ

北海道北東部オホーツクエリア。

オホーツク海沿岸ということで、

農業より漁業なイメージだが、

南東部を中心に農業が盛ん。

タマネギの生産量が凄まじく、

国内生産の1/4を占めるほど。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類タマネギ

エリアの紹介

オホーツクエリア

北海道の北東部にあるエリア。

冬にやってくる流氷が有名。

北端の宗谷岬の少し南から、

東の知床半島まで、横長な感じ。

オホーツク海での漁業が有名。

長い海岸線のほぼ全域で、

凄まじい量のホタテを水揚げする。

毛ガニやサケの産地でもある。

流氷の時期は漁ができないのも、

資源維持に役立っている。

農業では、北西部と

中央部・東部で違ってくる。

北西部は気候的に寒く、

海岸近くまで山が迫るため、

農作物生産は厳しく、酪農が中心。

中央部は内陸にある

広めの盆地や平野での農業が盛ん。

タマネギやジャガイモなど

色々と作っている。

東部も平野が広がっていて、

すごい量のジャガイモを生産する。

主にデンプン加工用が作られ、

食品業界の裏方として活躍する。

オホーツクとタマネギ

北海道東部・オホーツクエリアは、

日本を代表するタマネギ産地。

エリア合計で32万トンほどを収穫、

秋冬春と長期間にわたり

日本の各地へ出荷している。

日本全体でも100~110万トンなので、

4個に1個はオホーツクエリアで

作られたものになる感じ。

トップの北見市を筆頭に、

訓子府町や津別町などで

タマネギが作られている。

一帯は日照時間が長め。

雨が少ないもの特徴で、

タマネギ栽培に適している。

日中の寒暖差も大きいため、

美味しいタマネギに育ってくれる。

暑い寒いでタマネギ自身が

強く育とうとして栄養を蓄えるから

おいしくなる、らしい。

エリア内の産地グループ

オホーツクエリア内での

タマネギ産地は、広い平野部を持つ

エリア南部・東部にかけて。

ざっくり分けると4つくらい。

常呂川沿いの北見市周辺、

網走川沿いの美幌町周辺、

ちょっと離れてサロマ湖の西、

東部の斜里平野、といった感じ。

それぞれ

飛び抜けて多いのは北見市周辺。

ダントツトップの北見市 15万トン、

お隣の訓子府町 7万トン、

その奥の置戸町 9,300トン、と

ここだけで約7割を収穫しちゃう。

一番はタマネギだが、

ジャガイモや小麦の生産も多く、

葉もの・茎もの野菜も作る。

北見から見て東にある

網走川の作った平野部も、

タマネギ生産が盛ん。

上流側から

津別町 14,000トン、

美幌町 28,000トン、

大空町 10,000トン、と

5万トン以上を生産している。

タマネギだけでなく、テンサイ、

ジャガイモ、小麦、豆類、葉物野菜、

などなどバラエティ豊富な

農産物を作っている。

サロマ湖の西側にある

湧別町もなかなかの生産量で、

30,000トン前後を収穫。

酪農が主力の町だが、

タマネギは小麦・テンサイとともに

農業部門を支えている存在。

ここから北は気候・地理的に

農作物生産がかなり厳しくなる。

ジャガイモの主力産地である

オホーツク東部の斜里平野。

ものすごい量で作られるジャガイモ、

の陰に隠れてはしまうが、

タマネギもちょっぴり生産。

小清水町 4,300トン

斜里町 3,500トン

清里町 1,800トン

網走市 1,700トン といった感じ。

タマネギもジャガイモ料理に

使いやすいし、一緒にどうぞ。

Googleアースで見ると、

薄緑の農業ができそうな場所が

山などの緑ゾーンで

区切られているのが分かる。

大きく区分けされた畑や

市街地の分布なども見られる。

湖が多いなー、海岸線がキレイ、

山ばっかだなー、など

ほー、ふーん、が得られるかもなので

お暇なときにご覧あれ。

外部リンク

JAきたみらい

北見周辺の広域農協

JAびほろ

美幌町 農産物の紹介など

JAえんゆう

湧別町・遠軽町 農産物の紹介など

オホーツク総合振興局

振興局の公式サイト

Google 検索

「オホーツク タマネギ」

Google マップ

「オホーツクエリア周辺」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類タマネギ

タグ: , , , ,