十勝エリアのタマネギ

日本の穀倉地帯として有名な十勝。

小麦・ジャガイモ・豆類・テンサイの

輪作による生産量が凄まじい。

メイン作物にはなっていないが、

タマネギも広く栽培されている。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類タマネギ

エリア紹介

十勝エリア

広い北海道の真ん中やや右下、

タツノオトシゴ風の顔と考えると

下あごのお肉なあたりにある。

とても広い十勝平野が有名。

北海道の全面積の1割を占める程の

大きさの南北に長めの平野。

土壌は火山灰質が多めで、

畑作を中心に農業がとても盛ん。

Google マップでも分かる、

キレイに区切られた畑が広がる。

大規模な農地を活用した

複数品種でローテーションを組む

輪作農法が広く行われている。

中心品種は、小麦・ジャガイモ・

大豆や小豆などの豆類・テンサイ。

その生産量は凄まじく、

食の宝庫・北海道を引っ張る存在。

酪農もまた盛んであり、

牛乳や乳製品もたくさん作られる。

十勝とタマネギ

その十勝エリアでも

タマネギは作られている。

北海道な野菜の一つですし。

しかし、数万トン単位で出荷される

ジャガイモや小麦などと比べると、

雀の涙ほどの生産量。

まあちょっと北にものすごい量を

作る北見市とかがあるし、

役割分担しっかりしてるってことで。

というわけで、ざっくりと紹介。

十勝エリアで作られるタマネギ、

その合計は25,000トンほど。

幕別町

 170ha 9,600トン

十勝で一番の生産量。

ジャガイモやナガイモが特産。

ナウマンゾウ・パークゴルフの町。

音更町

 96ha 4,600トン

お菓子の町として有名。

有名なお菓子メーカーが根付いたのも

良い原料が手に入りやすい環境ゆえ。

芽室町

 54ha 3,300トン

帯広の隣で市街地も成長中。

スイートコーン・ゲートボールが有名。

池田町

 55ha 2,800トン

池田といえばワインが有名。

洋風料理にタマネギは欠かせない。

ほかに、士幌町や帯広市、

更別村でもタマネギが作られている。

十勝でタマネギっても

とくにコレといってないわけだが、

んーむ。

地元グルメを作ったりする場合、

タマネギ自体は使いやすい食材

ではござーますので、

うまく活用してグルメ力の

底上げに利用して頂きたいなー。

外部リンク

十勝総合振興局

振興局の公式サイト

とかち晴れ

十勝エリアの観光情報

JAめむろ

芽室町の農協

JAおとふけ

音更町の農協

Google 検索

「十勝 タマネギ」

Google マップ

「十勝エリア周辺」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類タマネギ

タグ: , ,