幕別町のニンジン

北海道・十勝エリアの幕別町。

ナウマンゾウにパークゴルフの町。

十勝平野での農作物生産が盛ん。

ニンジンも大量に作っていて、

その生産量は北海道トップクラス。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ニンジン・ダイコン

市町村紹介

幕別(まくべつ)町

北海道・道東・十勝エリアの

中央部にある内陸の町。

町域は南北に長く、クジラのような形。

コブラっぽくもある。

十勝エリアといえば十勝平野。

幕別町も十勝平野の南西側にあり、

なだらかな台地が広がっている。

その平坦で広大な土地を利用した

農業が盛んなところ。

ジャガイモ・テンサイ・小麦・豆類の

北海道輪作品種を中心に、

ニンジン・ナガイモ・レタス・ニラなど

他の野菜も色々作っている。

酪農も行われている。

西には中心都市の帯広市がある。

町の北部は帯広市街地と近く、

ベッドタウンとしても発展している。

ナウマンゾウの発見場所、

パークゴルフの発祥地、としても有名。

幕別とニンジン

幕別町ではたくさんの農作物が

作られているが、

ニンジンも中心作物の一つ。

ニンジン産地北海道の中でも

トップクラスのニンジン産地であり、

500ha以上の作付面積で

17,000トンも生産している。

ココだけで、北海道産ニンジンの1割、

日本産の3%ほどを作っている。

町では、メインの小麦・ジャガイモ・

テンサイ・豆類に次ぐ作付面積。

同じ十勝エリアにある音更町も

同じぐらいの規模でニンジンを生産。

北海道トップの座を争っている。

植えて育てて出荷

幕別のニンジンは、

春まき・夏成長・秋収穫のタイプ。

ニンジン作りは、

5月の種まきからスタート。

7月頃には地上部の葉がふさふさに。

8月になると本体の根が肥大化し、

中旬過ぎから収穫が始まる。

収穫時期は結構長く、

8月中旬から11月上旬まで、

約3か月にわたる。

大型の収穫機で土から掘り出され、

葉はその場で切り落とす。

各地の広い畑から大量のニンジンが

大きな選果場へと運ばれていき、

流れ作業で次々と出荷準備。

箱詰めされた幕別のニンジンは、

南は沖縄まで日本各地へと

出荷されていく。

その出荷量も多いので、

秋から冬にかけてスーパーなどで

地名を目にする可能性も高い。

外部リンク

JA幕別町

地域農業や特産品の紹介

幕別町

自治体の公式サイト

幕別町観光物産協会

観光情報やイベント情報など

Google 検索

「幕別町 ニンジン」

Google マップ

「幕別町」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ニンジン・ダイコン

タグ: ,