十勝エリアのニンジン

北海道の東側にある十勝エリア。

広大な十勝平野は農作物の宝庫。

広い土地での輪作が有名。

ニンジンの生産量もすごく多く、

北海道でもトップの生産量を誇る。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ニンジン・ダイコン

エリアの紹介

十勝(とかち)エリア

北海道の南東部にあるエリア。

北海道で一番大きな平野、

十勝平野を中心とする。

西に日高山脈、北に石狩山地、

東に白糠丘陵があり、

それらに囲まれた形。

南は北太平洋に面する。

広大な平野を利用した

大規模農業が盛ん。

小麦・ジャガイモ・テンサイ・豆類を

ローテーションで栽培する輪作が

大々的に行われている。

また、酪農も盛んでたくさんの牛乳を

出荷している。

ニンジンと十勝

ニンジンは北海道が生産量トップ。

全国生産量54万トンのうち、

17万トン・3割ほどを生産する。

秋から出回るのは北海道産が中心。

エリア別で見ると、

十勝エリアがトップの生産量。

17万トンのうち5.5万トンが十勝産。

輪作体系の中に組み込み、

大規模化・機械化を行い、

大量のニンジンを収穫・出荷している。

品温上昇に弱いので、

選別時の低温管理も大事。

しっかりとした選別・予冷・出荷の

体制を整えている。

市町村別

十勝エリアでのニンジン産地は、

幕別町と音更町の二強。

ナウマンゾウvsお菓子、って感じ。

この二つで1.7万トンずつ収穫する。

この二つ以外でもかなりの量の

ニンジンを生産している。

士幌町:5,000トン

農業にフルスイングの町。

帯広市:4,700トン

十勝の中心地。

芽室町:3500トン

コーン&ゲートボール。

清水町:2,000トン

ホタル・第九の町。

新得町・鹿追町:1,900トンずつ

ともにソバが有名。

他に、更別村・中札内村・足寄町でも

ニンジンは作られている。

十勝のエリア全体として

たくさんのニンジンを生産することで、

北海道一・日本一のニンジン産地

となっている。

秋に各地で開かれる収穫祭でも

たくさんのニンジンが提供される。

外部リンク

北海道十勝総合振興局

振興局のサイト

とかち晴れ

十勝の観光情報

JA幕別町

JAおとふけ

JA士幌町

JA帯広かわにし

JA帯広大正

JAめむろ

JA十勝清水町

JA新得町

JA鹿追町

各地の農業や特産品情報など

Google 検索

「十勝 ニンジン」

Google マップ

「十勝エリア周辺」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ニンジン・ダイコン

タグ: , , ,