上川エリアのニンジン

北海道の真ん中にある上川エリア。

南北に長いエリア全域で農業が盛ん。

その南部、富良野地区は

道内でも有数のニンジン産地。

上川産ニンジンの大部分を生産する。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ニンジン・ダイコン

エリアの紹介

上川(かみかわ)エリア

大きな北海道の真ん中あたりにある。

南北に長い形をしている。内陸。

中央付近にあるのが旭川市。

全体的に農業が盛ん。

北部・中央部・南部で気候も違い、

場所に応じた農業が営まれている。

北部は寒めな気候で、

小麦やカボチャなどの産地。

中央部ではお米やソバが有名。

南部は気候も緩やかで、

色々な農作物が育てられる。

上川とニンジン

上川エリアもニンジン産地であり、

エリア全体で3万トンほどを生産。

十勝エリア、オホーツクエリアに次ぐ

道内3位の生産量となっている。

上川エリアでのニンジン生産は、

南側にある富良野地区が中心。

南富良野町の存在感が大きく、

年間で15,000トンも生産される。

山がちな町だが生産量がすごい。

他は平野部メインな市町村が

多い中で、異色な存在。

近くの富良野市や中富良野町も

なかなかの生産量で、

それぞれ7,000トン・3500トン前後の

ニンジンを作っている。

上富良野町でも少し作られる。

他に美瑛町や東川町、

剣淵町でも少し作られているが、

上川のニンジンの大部分は

富良野地区で作られている。

内陸の盆地であるため、

夏の時期の昼夜気温差が大きい。

温度変化の大きさは、

ニンジンの味を強くしてくれる。

なので富良野のニンジンは

味の濃いニンジンとなる。

セリの仲間で香りよし

夏の観光シーズンは、

ニンジンの成長がピークの時期。

色鮮やかな畑も富良野地域の

観光資源の一つ。

そのなかで明るいふさふさ緑が

ニンジンの畑。

土の香りと共に、ニンジンの葉の

さわやかな香りも楽しもう。

時間が合えば収穫も見られるかも。

外部リンク

北海道上川総合振興局

振興局のサイト

JAふらの

富良野の広域JA

Google 検索

「富良野 ニンジン生産」

Google マップ

「上川エリア周辺」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ニンジン・ダイコン

タグ: , ,