後志・渡島・檜山エリアのニンジン

北海道南西にある渡島半島から

その北の後志にかけての地域は、

山がちな地形ながら農業が盛ん。

ジャガイモやダイコンで有名だが、

ニンジンもたくさん作られている。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ニンジン・ダイコン

エリアの紹介

後志(しりべし)エリア

渡島半島の北側にあるエリア。

札幌の西隣の位置。

北側で日本海に面する。

羊蹄山・ニセコアンヌプリが有名で、

エリアの大部分を険しい山々が覆う。

リゾート地としても名をはせる。

羊蹄山のふもとや川沿いに

集落が形成され、農業が行われる。

畑として使える場所は狭いが、

ジャガイモやダイコンの産地として

有名なところ。

ニンジンの生産も行われている。

渡島(おしま)・檜山(ひやま)エリア

北海道の南西部、渡島半島にある。

本州から北海道への入り口となる。

西を日本海、南を津軽海峡、

東を北太平洋・噴火湾、と

海に囲まれる。

陸地は山林が多くを占める。

昆布やイカなど漁業の盛んな地域。

海の近くまで山が迫るため、

海岸部に町が作られている。

川沿いを中心に農業も盛ん。

特に南の函館周辺は平地も多めで、

近郊型農業が行われている、

けっこう酪農も盛んなところ。

後志のニンジン生産

後志エリア全体での

ニンジン生産量は16,000トンほど。

市町村別では、

真狩村の7,000トン、

京極町の6,000トンが二強。

他に留寿都村や倶知安町、

ニセコ町などでも作られる。

羊蹄山周辺のフカフカ土壌と

キレイな湧き水が地域の特徴。

ニンジンの生育にも好影響を与え、

美味しいニンジンを育ててくれる。

ジャガイモやダイコンの産地でもあり、

カレーや煮物が作りやすい感じ。

海ではウニ・ホタテ・ホッケも名産。

うまく組み合わせれば、

ナイスな料理が出来そうな雰囲気。

デザートには、共和町・仁木町・

余市町のフルーツをどうぞ。

渡島・檜山のニンジン生産

渡島・檜山エリア全体での

ニンジン生産量は13,000トンほど。

南部にある七飯町がエリアトップで

7,500トン前後を生産している。

北海道の玄関・函館市が続き、

4,000トン弱を作っている。

北斗市や今金町でも作られる。

渡島半島とニンジンの組み合わせ。

んーむ。

松前漬けに入ってるイメージ。

洋風な函館だし、シチューにも。

イカの名産地だし、福島の郷土料理、

いかにんじんがココでも作れる。

そんな感じ。

外部リンク

北海道後志総合振興局

振興局のサイト

後志地域総合観光情報サイト

後志について色々紹介

JAようてい

羊蹄山周辺の広域JA

北海道渡島総合振興局

振興局のサイト

檜山振興局

振興局のサイト

函館・南北海道観光ガイド

函館を中心に色々紹介

JA新はこだて

函館周辺の広域JA

Google 検索

「後志 ニンジン」

「渡島 ニンジン」

Google マップ

「渡島半島周辺」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ニンジン・ダイコン

タグ: , , , ,