石狩・胆振・空知エリアのニンジン

北海道の中心地、石狩・空知・胆振。

札幌を軸に観光でも人気のある地域。

ここも広く農業が盛んであり、

色々な作物が育てられる。

ニンジンも各地で生産されている。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ニンジン・ダイコン

エリア紹介

石狩(いしかり)エリア

北海道の中心地。

札幌があるところ。

石狩川の下流にあり、

古くから農業が盛んなところ。

ここで栽培がスタートし、

各地へ広まった作物も多い。

都市化が進むが、少し足を伸ばせば、

広い畑を見ることができる。

農業体験型の観光も多い。

空知(そらち)エリア

石狩エリアの東にある内陸のエリア。

こちらも石狩川の流域。

元々は泥炭地だったが、

土壌改良や栽培の工夫により、

エリア全体が農業地帯となった。

南北に長く、地域ごとに

育てられる作物も違ってくる。

お米・小麦・ジャガイモ・ソバ・

メロンなど名産物が多い。

胆振(いぶり)エリア

石狩エリアの南。

噴火湾や太平洋に面している。

苫小牧までフェリーで来て、

北海道観光に向かう人も多い。

札幌圏にも近く、関係性が強い。

洞爺湖を擁し温泉も豊富な所。

観光でも人気が高い。

漁業が盛ん。山が多いが、気候が

穏やかめなので農業も色々行う。

道内でも人口が集中するエリアで、

北海道らしいジャガイモや小麦、

品種改良の進んだお米、

消費地に近い方がいい葉物など、

色々な作物が育てられている。

ニンジンも育てられていて、

その歴史も長い。

生産地は各地に点在。

札幌周辺のニンジン産地

際立って生産量の多い所は無いが、

各地で栽培されている感じ。

石狩エリアでは、

札幌の南・恵庭市が

2,800トンほどの生産量。

江別市や石狩市も1,500トン前後、

当別町や北広島市でも

1,000トン近くが生産されている。

胆振エリアでは、

洞爺湖町の3,000トンがトップ。

火山灰質のふかふか土壌のため、

根菜類が成長しやすい。

イチゴで有名な豊浦町も

1,000トンほどを生産している。

空知エリアでの生産は少なめで、

岩見沢市が1,100トンと健闘。

各地で生産されたニンジンは、

地元や札幌で消費されるほか、

本州へと出荷され、

秋の食材として活躍している。

外部リンク

北海道石狩振興局

空知総合振興局

北海道胆振総合振興局

振興局のサイト

JA道央

石狩エリア南部の広域JA

JAとうや湖

洞爺湖周辺の広域JA

Google マップ

石狩・空知・胆振の周辺」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ニンジン・ダイコン

タグ: , ,