石狩・胆振エリアのダイコン

北海道の中心、石狩エリア。

人や会社が集中し、観光も人気。

近くの市町村では農業が盛んで、

大消費地の札幌へと供給している。

ダイコンもその一つで生産量も多め。

石狩エリアの南、胆振エリアでも

土壌・気候を活かして作られる。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ニンジン・ダイコン・カブ

エリア紹介

石狩(いしかり)エリア

大きな北海道の西側にある。

札幌市を抱える北海道の中心地。

人も会社も店も集中している。

観光地も多く、年間を通して

多くの観光客を引き寄せる。

札幌経由で他のエリアに

観光に向かう流れも多い。

胆振(いぶり)エリア

石狩エリアの南にある。

東西に長い。

北太平洋に面し、漁業が盛んな所。

苫小牧はフェリーが有名。ここから

北海道旅行を行う人も多い。

西部の洞爺湖は観光でも有名。

石狩のダイコン

消費地の札幌市が近いこともあり、

大きく重いダイコンを生産し、

出荷するには中々良い立地。

エリア合計で15,000トンほど作る。

恵庭市の8,000トン、

北広島市の3,200トン、

石狩市の2,600トン、

千歳市の1,600トン、といった感じ。

消費地に近いため、ダイコンのような

大きめ重め地味めな野菜生産から、

葉物や果菜など小さめ軽め人気な

野菜を作る近郊型農業へと

変化が進んでいる。

収穫も大変だし、単価も安いし、

高齢化もあるし、まあしょうがない。

そのため、ダイコンの生産量も

徐々に減って行く傾向。

需要があるので、

無くならないだろうけども。

夏の札幌観光に訪れた際には、

旬のダイコンも食べてみよう。

胆振のダイコン

胆振のダイコン産地は少なめ。

洞爺湖町2,700トン

伊達市850トン、といった感じ。

山がちで耕作地は少なめなので、

工夫して色々な野菜を作る。

その中でもなかなかの存在感。

洞爺湖といえば、火山。

ということで周囲は火山灰質の

土壌になっている。

火山灰質なのでフカフカ。

フカフカは根菜に良い。

というわけで洞爺湖の周辺は

ダイコンの栽培に向いている。

涼しく穏やかな気候もマッチ。

ダイコンだけでなく、ジャガイモや

ニンジンにも合うので、こちらの

生産量も多めとなっている。

洞爺湖周辺観光の際には、

時期の根菜も食べてみよう。

外部リンク

石狩総合振興局

胆振総合振興局

振興局のサイト

JA道央

札幌南部の広域JA

JAとうや湖

洞爺湖周辺の広域JA

Google マップ

「石狩胆振周辺」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ニンジン・ダイコン・カブ

タグ: , , , ,