渡島・檜山エリアのダイコン

北海道南西の渡島半島。

全体的に山がちな所だが、

川沿いなどで農業が行われている。

ダイコンの生産も多めな所で、

かなりの量を生産している。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ニンジン・ダイコン・カブ

エリア紹介

渡島(おしま)エリア

檜山(ひやま)エリア

北海道の南西に突き出た半島、

渡島半島にあるエリア。

その周囲を日本海・津軽海峡・

北太平洋・噴火湾と海が囲む。

当然、漁業が盛んとなっている。

全体的に山がちな場所のため、

耕作に使える面積は少ないが、

河口や川沿いなどでは

農業も行われる。

函館周辺は消費も多く、

北海道な大規模農業ではなく、

集約的な農業も行われる。

本州からの入り口の一つで、

函館は観光でも人気の場所。

周辺も観光地化が進む。

函館から離れると、

地形のため往来は大変だが、

ナイスな景勝地も多く存在する。

渡島・檜山のダイコン

渡島・檜山エリア合計で

2万トンほどのダイコンを作る。

渡島エリアだと、

七飯町5,800トン、

函館市4,700トン、

北斗市3,400トン、

森町1,500トン。

檜山エリアでは、

厚沢部町の3,600トン

今金町の1,300トン、といった感じ。

合計で2万トンということで、

北にある後志エリアと並ぶぐらいの

ダイコン名産地。

北海道内では一番本州に近く、

出荷に有利なのが良いのかな?

このエリアも夏中心の出荷。

本州での生産が減少傾向なので、

頑張っていただきたいもんです。

函館周辺観光の際には

ダイコンも食べてみよう。

雪とダイコン

冬場の出荷にも取り組む。

函館市の亀田地区では、

秋に収穫したダイコンに土をかぶせ、

雪の中で真冬まで保存する。

雪の下で甘みを増したら出荷。

「雪の下大根」として有名。

同様にキャベツもやっている。

函館から見て西にある知内町でも、

雪の下でダイコンを保存し、

甘くなったところを食べる。

カキ、ニラに続く名物となるかも。

外部リンク

渡島総合振興局

檜山振興局

振興局のサイト

みなみ北海道

渡島半島広域の観光情報

Google マップ

「渡島半島周辺」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ニンジン・ダイコン・カブ

タグ: , , , ,