ダイコンの栄養や辛み

もっぱら根を食べるダイコン。

根は栄養少なめ・消化にいい食材。

現状、葉はあまり使われないが、

じつは栄養豊富な食材。

ダイコンの辛みはアブラナ科の特徴。

薬味として使われることも。

名物一覧での現在地
種類別TOP根菜類ダイコン

ダイコンの栄養 根の部分

食べるときに中心となるダイコンの根。

淡色野菜としての性質を持つ。

カロテンが少なめであって、

色が淡いからではない、らしい。

ほぼ水分で、

栄養成分をあまり持たない。

ビタミンCがまあまあ、

ミネラル分がちょっぴり。

カロリーも低く、

ヘルシーといえばヘルシー。

ダイエットで使うにも、

偏らないようにしましょう。

ダイコンの酵素

機能面では、消化酵素が有名。

食べると消化を助ける作用がある。

昔から食あたりしづらい食品として

有名だった。

お肉などを柔らかくするので、

煮物や炒め物にも使われる。

酵素は加熱で働きが止まるため、

酵素パワーに期待するなら生で。

漬け込む場合は、調理前にお肉を

大根おろしに漬けておくといい。

ダイコンの辛み

生のダイコンを切ったりして

細胞が壊れると、化学反応が起き、

辛み成分ができる。

化学反応の元になる成分は、

根の先の方に多く含まれる。

また、芯より皮側に多い。

その顕著な味わい方が、大根おろし。

おろし方・細胞の壊し方により

辛みにも差が出る。

激しくおろすと辛みが増し、

優しくおろせばマイルドな辛みに。

おろし方だけでなく、

おろし金の材質や構造などでも

違いが出てくる。

辛みだけでなく、水分の出方や

口に入れたときの感じなども変わる。

発生した辛み成分は揮発する。

おろした直後くらいがピークで、

時間と共に減少する。

辛みと臭い

ダイコンの辛みの成分は

臭いの元になる成分でもあるらしい。

特にダイコンは臭いが強め。

これのせいでダイコンを

苦手とする人も多い。

特にダイコン自体なじみのない

海外の人には中々キツイ。

大根おろしは結構な臭いの強さ。

揮発しやすいので、

常温より冷えていた方が

臭くなさそうな気がするが、

よく分からん。

汁物や煮物でも存在感を放つ。

煮るときに米のとぎ汁を使うと

臭いも弱まるとか。

たくあんの場合、

発酵による臭いも加わる。

世界の臭い食べ物ランキングにも

顔を出せるほどの存在。

強豪に比べれば全然ですけど。

葉や皮が生ごみになると

困ったことになる。もわーっとね。

ごみの日の前に料理するとか、

料理を工夫して葉や皮も

使い切るようにするといい。

根でも栄養があるタイプも

同じダイコン枠でも色が付くと、

栄養面で少し違いが出る。

根や葉の茎などが赤くなる品種には、

アントシアニンが多く含まれるものも。

中国系の青大根は、緑色がまぶしい。

ビタミンCが豊富とのこと。

今後、栄養面に重点を置いた

ダイコンも開発され、一般化するかも。

ダイコンの栄養 葉の部分

ダイコンの葉は、

緑黄色野菜として有用。

カロテンが多めなので緑黄色野菜。

一応、色による区分けではない。

現在は流通・保存との兼ね合いで、

葉が付いたままのダイコンは

あまり出回らない。

単純に長くなり、スペースをとる。

付いたままだと鮮度が落ちやすい。

積極的には食べられない。

などといった理由。

じつは栄養たっぷりな存在。

ビタミンAをはじめ、ビタミンC・K、

鉄分やカルシウムなどの

ミネラル分も含まれている。

昔は葉もしっかり食べていた。

春の七草の一つ「すずしろ」として、

葉物野菜で有名な存在だった。

暦でいえば正月明けくらい。

冬でも食べられる緑の野菜として

栄養面を補助してくれた。

漬物にしたり干したりして

保存性を上げることで、

後で食べられるよう加工もされた。

根よりも葉を食べるのに重点を置いた

地方品種も存在している。

葉の部分は調理も簡単。

さっと湯通しで色々使える。

葉付きダイコンを買った時には、

根も葉も使ったダイコンの

フルコースを作ってみるのも

いいんじゃないだろうか。

ちなみに、葉っぱ部分と根部分の

つなぎ目は基本的に食べない。

植物的には、ここが茎。

漢方として

古くからなじみの野菜で、

おくすり的な使われ方もしてきた。

ダイコンは、生だと

体を冷やす作用がある。

サラダは夏向き。

風邪の発熱時にも。

咳を抑える効果も。

角切りダイコンをはちみつに漬け、

シロップとして飲むといい。

風邪予防にもなるとか。

生ダイコンの酵素は、

消化力を上げてくれるので

おなかの中から健康に。

加熱すると酵素は働かなくなるが、

冷える作用もなくなる。

寒い冬場は加熱して食べよう。

ダイコン葉は入浴剤にもなる。

乾燥させてから使うと、

青臭さも軽減される。

よくあったまるとのこと。

いろいろそれ系のサイトはあるので

探してみてくださいな。

外部リンク

ダイコン – Wikipedia

ダイコンについて色々

Google 検索

「大根 栄養」

「大根 酵素」

「大根 辛さ」

「大根 臭い」

「大根 葉 利用」

「大根 漢方」

名物一覧での現在地
種類別TOP根菜類ダイコン

タグ: