ラディッシュと日本

小さな野菜、ラディッシュ。

ハツカダイコンとも呼ばれる。

ダイコンの一種で、明治に

ヨーロッパからやってきた。

サラダや酢の物、浅漬けにされる。

名物一覧での現在地
種類別TOP根菜類ラディッシュ

ちっちゃいダイコン

ラディッシュ or ハツカダイコン。

親指ほどの小さなダイコン。

皮が赤いイメージ。

ダイコンの一種。

原産地の地中海・中東から

西方向のヨーロッパへ広まり、

定着したもの。

日本に伝わってきたのは遅く、

明治期になってから。

見かけるのは皮の赤いが多いが、

白・黄・緑などのものもある。

形にしても、丸だけでなく

細長い品種もある。

ラディッシュの栄養

栄養的には、ほぼダイコンと一緒。

根の部分は栄養少なめ。

外皮の赤い部分にビタミンCが

多めに含まれているらしい。

ダイコンの特徴である消化酵素も

持っているので、効果に期待するなら

生で食べよう。

葉の部分はカロテン豊富な

緑黄色野菜の一つ。

葉野菜として食べられる。

見た目も重視される食材。

ダイコンと違い、葉付きで

流通していることも多い。

葉付きだと水分が飛びやすい。

すぐ食べないなら、葉は取り、

保湿した状態で冷蔵庫へ。

ラディッシュを食べる

生だと少しピリ辛な感じ。

アブラナの野菜に共通するもの。

スライスしてサラダに

入れられることが多い。

緑や白の多い野菜の中で、

彩りの役割が大きい。

堅めなので、飾り切りもしやすい。

お酢で赤さが鮮やかになるので、

マリネ・酢漬けとも相性良し。

煮物の具にすることも可能。

バターソテーなんか出来る。。

葉も小さいので、付いたままで

調理される事も多々。

火を通すときには、根と葉の

時間差に気を付けるといい。

外部リンク

ハツカダイコン – Wikipedia

ラディッシュについて色々

Google 検索

「ラディッシュ 栄養」

「ラディッシュ 料理」

名物一覧での現在地
種類別TOP根菜類ラディッシュ

タグ: