ラディッシュの栽培と産地

小さい野菜・ラディッシュ。

ハツカダイコンと呼ばれるほど、

栽培期間が短いのが特徴。

産地は愛知県・豊橋がトップ。

他産地と合わせ年中流通する。

名物一覧での現在地
種類別TOP根菜類ラディッシュ

ちっちゃいダイコン

小さいダイコン、ラディッシュ。

ハツカダイコンとも呼ばれる。

漢字だと二十日大根。

短い日数で育つため。

育成期間は20日~1か月弱と短め。

20日だとギリギリかも。

季節や場所にもよる。

ラディッシュの栽培

栽培自体は簡単な部類。

幼稚園や小学校での

体験栽培でも用いられる。

ベランダ栽培も可能。

ダイコンと同じく、涼しいのが好き。

だいたい20℃くらいが適温。

日本の気候だと、

春や秋に栽培されることが多い。

根が育つので、

フカフカめの土を用意。

種を多めにまいて、

芽が出てきたら間引いていき、

葉が伸びたらまた間引く。

栽培スペースが生い茂る葉で

混み合わない程度にする。

若い葉を好む害虫もいるので、

虫よけネットで防御するといい。

20日ほどしたら収穫間近。

収穫に適した期間が短いので、

良さげだったら収穫してしまおう。

気温と時期が合えば、

春には花が咲き、

莢が出来て種が取れる。

ラディッシュ産地

ラディッシュの生産量は、

全国で500~750トンほど。

何万トンレベルのダイコンとは別物。

まあ大きさも違いますし。

国内産地では愛知県がトップ。

半分以上を生産する大産地で、

豊橋市の大村地区が中心。

全国へと出荷される。

他に福岡県や北海道で生産され、

消費地に近い首都圏周辺でも少し。

お店の店頭には、

年間を通して並んでいる。

栽培方法は露地もハウスもあり、

南北に長い日本なので

産地により出荷時期もずれるため。

計画的な農業

ラディッシュは成長が早く、

収穫に適した時期も短め。

種を一度にまいても、

作業が集中して大変なことに。

その大きさに比例して

育成や収穫作業もコマゴマ。

袋詰めとかも大変。

種まきの日付をずらすことで、

収穫・出荷を計画的に行える。

外部リンク

ハツカダイコン – Wikipedia

ラディッシュについて色々

ラディッシュの育て方/住友化学園芸

栽培情報

ラディッシュ | とよはし 水と農の資料館 – 豊橋市

産地情報

Google 検索

「ラディッシュ 栽培」

「ラディッシュ 産地」

名物一覧での現在地
種類別TOP根菜類ラディッシュ

タグ: